Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
Posted in | Nanosensors

省エネサーバーシステムを開発する Samsung の 30 nm のクラス DDR3 のメモリおよびマイクロソフトのデータプラットホーム

Published on September 27, 2011 at 5:59 AM

カメロンシェ著

サムソング・エレクトロニックスおよびマイクロソフトの技術センターは省エネサーバーシステムを作成することを一緒に来ました。 この開発はパフォーマンスと力の保存間のマッチの提供に基づいているサーバーシステム評価の部分です。

評価は 8 GB のメモリを持っている二重インラインモジュールの 30 nm のクラスの緑 DDR3 のテストによって行われました。 これらのモジュールは仮想環境を実行するために Windows サーバー 2008 オペレーティングシステム R2 企業を使用したサーバーシステムでインストールされました。 テストした上で 30 nm のクラスの緑 DDR3 を使用してシステムが 50 nm のクラス DDR3 を使用したシステムと比べて力の 30 ワットの減少毎に 15% のパワー消費量を達成したことが確立されました。

会社はまたまた高性能を与える省エネサーバーシステムを開発するのに企業 SSD と共に 20 nm のクラス 4Gb DDR3 を使用するように計画します。 Samsung からの 30 nm クラスの 2Gb 緑 DDR3 のメモリモジュールは最も高い実行ドラムのレベルから成っています。 サーバアプリケーションは 1.35 ボルトで 1.886 まで Gbps のメモリのモジュールで実行することができます。 パソコンのアプリケーションはそれぞれ 3.5 回および 1.6 回までに 60 nm クラスの DDR2 および 50 nm クラスの DDR3 より速い 1.5volts で 2.133 まで Gbps のメモリモジュールによって実行することができます。 会社はまた共同でデータ記憶装置およびあらゆる会社の IT 部の総所有権の費用を高めるために次世代のドラムを開発することを計画します。

ソース: http://www.samsung.com

Last Update: 12. January 2012 12:40

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit