東芝は石版印刷の効率を改善するために予言する Scheduling のソフトウェアを選びます

Published on September 30, 2011 at 2:48 AM

カメロンシェ著

応用材料は会社の SmartSched の予言するスケジューリングのソフトウェアが写真平版操作の容量および効率の改善のための東芝によって買われたことを宣言しました。

東芝はすてきな 4 機能で 2011 年 8 月の SmartSched の予言するスケジューリングのソフトウェアの序盤の配置を、 Yokkaichi、日本にある 300 の mm の ` メガすてきな」チップ生産工場開始しました。 革新的なソフトウェア・ソリューションはすてきな生産の資本集約的で、複雑な一部分の litho のセルによってウエファーの動きを高めるための最初のの親切な予言するスケジューリングの解決です。 それはすてきな生産の繰り返された妨害で、装置の複雑さと釣合良く変わるより多くのお金を消費します。

SmartSched は高められた容量に過少利用の変換によって litho のツールの時間を短縮するのに専有予言するアルゴリズムを利用します。 litho のツールの利用の最適化によって、ソフトウェア・ソリューションはそれから SmartSched のソフトウェアの彼らの投資の相当なリターンを提供する新しい装置の購入の決定を遅らせるか、または避けるために顧客を作ります。

東芝 Yokkaichi 操作の製造業工学、 Masanori Morikawa の上級管理者はサイクル時間を減らし、出力を改良することそれが最も速く、安価な解決であるおよび最初に選択したので会社が石版印刷プロセスの焦点が付いている SmartSched の解決をことを示しました。 SmartSched の解決の機能を他の生産領域のスループットそして装置の利用を高めるために拡張するために応用材料と力を合わせる会社の計画と彼は言いました。

応用大域サービスは」副大統領をグループ化し、チャーリー Pappis、現在の石版印刷の資産のリターンを改善するために会社が東芝を助けて幸せであることを総務部長示しました。

ソース: http://www.appliedmaterials.com

Last Update: 12. January 2012 13:16

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit