Posted in | Nanobusiness

Tegal は Nanolayer の沈殿技術のポートフォリオのための送信権の死回線を延長します

Published on October 3, 2011 at 3:51 AM

カメロンシェ著

米国によって基づく Tegal は nanolayer の沈殿技術 (NLD) のベースの知的財産のポートフォリオに値をつけることのための死回線を延長したことを発表しました。 2011 年 9 月 30 日だった死回線は 5 pm、 2011 年 10 月 15 日までに切れること今延長されてしまいました。

さまざまな半導体および IC の設備製造業者ポートフォリオの興味を示したように拡張で決定される会社。 Tegal のポートフォリオは全体的な 35 で合計および血しょう高められた原子層の沈殿、脈打った化学気相堆積および NLD (ALD) のフィールドのローカル (CVD)パテントを構成します。

NLD は非等角の、高いスループットおよび ALD を与える、 CVD を統合する技術、の、非常に等角与える低いスループットをです。 この技術は半導体および IC の設備製造業者が前駆物質によって限定される ALD プロセスに移る必要性を持っていることなしで CVD プロセスに基づいてハードウェアの生命を拡張するのを助けます。

Tegal の技術的なノウーハウそして知識は LEDs、先発のメモリおよびマイクロプロセッサのような多くの装置の発明の原因となりました。 会社はほとんどのスマートな電話によって今使用される感じ、フィルタに掛ける装置の開発をまた担当します。 会社はまた世界中でさまざまな太陽熱発電所のプロジェクトおよび再生可能エネルギーのプロジェクトを開発する続き力に投資しました。

ソース: http://www.Tegal.com

Last Update: 12. January 2012 13:16

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit