Posted in | Nanobusiness

Beneq は全体的な Cleantech クラスタ連合の後期賞のための上 30 を作ります

Published on October 12, 2011 at 6:37 PM

Beneq に今日全体的な Cleantech クラスタ連合によってので 2011 後期賞の上 (GCCA) 30 の決勝戦出場者選択されたことを発表する喜びがあります。 GCCA の全体的な上 30 の包含はカテゴリのセクターの会社の強いビジネスおよび市場の位置を反映し、革新的なアプローチを示し、技術は新しく全体的な緑の経済の足場を得ています。

Beneq は 2011 年 5 月の Cleantech フィンランドのクラスタによって GCCA の後期賞のために指名されました。 市場占有率を作成し、 GCCA の後期賞 2011 の全体的な上 30 の決勝戦出場者であるために捕獲することの会社のビジネスモデル、市場の位置、収益性および潜在性は (他の規準の間で) 続いてそれを修飾しました。

「cleantech からの 185 の指名の下の制限は 30 に世界中でした非常に競争プロセス群がります」、ベン Taube、 GCCA の議長を言います。 「これらは越えます 30 人の決勝戦出場者をです世界の汚染防止技術のセクターの上昇の星」。

「これらの会社、彼らの顧客および収入と作動する領域で、重要な緑カラー経済を」、は言いましたショーンを GCCA の少し共同出資者構築しています。 「惑星の健康のために、経済的そして環境的に、私達は国際舞台のこれらのゲーム変更の会社をスポットライトで照らすことに努力しています」。

GCCA の後期賞の全体的な上 30 の決勝戦出場者は GCCA 30 のメンバークラスタによって代表された 4000 人の会社から選ばれ北アメリカそしてヨーロッパからアジアへの及びます。 各クラスタは太陽、風、エネルギー蓄積、緑の建物、水および多くを含む 10 のカテゴリの 10 人までの会社を、指名するために内部評価を行ないました。 合計では、 2011 後期賞のための 185 人の会社と指名されるこれらのメンバークラスタ。

Last Update: 12. January 2012 15:10

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit