Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
Posted in | Nanoelectronics

Samsung および調子は HD デジタルカメラシステムチップの生産を始めます

Published on October 28, 2011 at 12:56 AM

カメロンシェ著

サムソング・エレクトロニックスおよび調子の設計システムは Ambarella 32 の nm HD のデジタルカメラシステムチップの生産の序盤を始めました (SoC)。

SoC は Samsung の鋳物場、サムソング・エレクトロニックスのビジネス、デジタルデザイン流れ、鋭いのによって開発され、プラットホーム、 (HKMG)アーム皮質プロセッサおよび職人物理的な IP に出会う 32 nm のゲートの最初高 k 金属のゲートプロセスの使用による Samsung が所有する機能の S-1 ラインで作り出されています。

製品は SoC. に同時に取り組んだ Ambarella およびサムソング・エレクトロニックスからのエンジニア、調子の設計システムによって Samsung の鋳物場のデザインセンターで開発されました。 Ambarella A7L SoC のデザインは多数の論理回路および専有複雑な兆候のブロックを含みました。 エンジニアのチームは加工技術、ケイ素デザイン流れおよび最適化された IP の条件を結合しました。 製造有効なサプライチェーンのための包み、テストし、ターンキー提供し、の Samsung の鋳物場の専門知識を共同のまた活用されたフルにそしておよび製品化までの時間を SoC. 減らします。

SoC の統合されたデザイン流れは 32 nm のデジタル経路指定および遭遇のデジタル実施システムのための NanoRoute のルーターを含みました。 Samsung はまたこのパートナーシップに Ambarella IP の前確認に既存の生産準備ができた 32 nm HKMG の加工技術に Ambarella IP の統合によってサポートを提供しました。

ソース: http://www.samsung.com

Last Update: 12. January 2012 15:10

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit