Posted in | Nanobusiness

AAAS の講堂の 2010s に於いてのナノテクノロジーの役割についての議論

Published on November 17, 2011 at 3:30 AM

カメロンシェ著

ナノテクノロジーについての議論は 2011 年の科学及び社会のセクションとして行なわれます: 1200 のニューヨークの道に、 NW ある、科学 (AAAS) の講堂の進歩のためのアメリカ連合の全体的な挑戦議論シリーズワシントン D.C.、

ナノテクノロジーはライムライトに 90 年代以来のそして賞賛される織物からの電子工学、生物医学および交通機関 2000 年に各国用のナノテクノロジーのイニシアチブの確立のための道を開くエネルギーにに複数の高度フィールドのための革命的な技術として (NNI)ありました。

議論は 2010s の ` のナノテクノロジーにタイトルを付けました: 十代年は」水処理システム、太陽光電池、医薬品、電子表示および照明のような高度の製品が商業段階達される、または NNI は初期の段階にまだありますかどうか複数をナノテクノロジーとを含む関連していた焼き付ける質問アドレス指定します。 議論はまた方法を分析します米国が割り当てられる研究資金が経済的な進歩を提供する。

この議論は 4 部の一連の AAAS で全体的な問題の規定のトピックを分析している専門家が付いている卒直な会話そして公共のフォーラムの四分の一です。 公共利益の科学のジョージタウン大学プログラム、科学のための (ACS)アメリカ化学会、技術および議会および AAAS の中心は全体的な挑戦議論シリーズのスポンサーです。 ACS はイベントにこれで三回加わっています。

ソース: http://www.acs.org

Last Update: 12. January 2012 12:03

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit