Graphene の特性を厳密に調べるのに使用される JPK NanoWizard II 超システム

Published on December 8, 2011 at 5:45 PM

生命科学の研究のための nanoanalytic 器械使用の JPK の器械、世界一流の製造業者および柔らかい問題、 Nikolai Severin および彼の協力者 graphene の特性の彼らの理解を改善するために教授の Jürgen P. Rabe グループからの先生が JPK の NanoWizard®II システムを超加えた Nano 文字の主要なペーパーのレポート。

単一の graphene の領域の 6 初生サンプルで撮られる画像: (a) 25 nN の正常な力の下に接触モードに記録される地形の画像。 矢は挿入された横断面によって視覚化されるように 10 nm の間隔でほぼ互いに平行、実行する 2 つの解決された DNA の繊維でと (b) 拡大する領域を明記します。 (c) 断続的な接触モードの地形の画像は同じ先端の数分をの後で (a) 得ました。 (d) 同じ area.* の断続的な接触モード段階の対照の画像

教授の Jürgen P. Rabe 高分子のグループの物理学に分子からのマクロスコピック長さおよび時間目盛に機械、電子の、光学および (生物) 化学特性にインターフェイスで分子システムの構造そして原動力を関連させる中央研究の目的があります。 スキャン力の顕微鏡が付いている単一の分子そして supramolecular システムの処理そしてイメージ投射は (SFM)構造の形成の理解および機械特性の測定にとっての優先する重要性をもちます。 グループはまた分子電子工学および有機性電子特性を理解し、開発することにかかわります。

このグループの中では先生はあります Nikolai Severin、最近 graphenes の調査で AFM の使用を示す Nano Letters* のペーパーの主執筆者。 graphenes の電子特性は変形によって敏感に決まり、従って緊張設計された graphene の電子工学は想像されます。 graphenes を局部的に変形させるためには、グループは機械的に単一を剥離し、少数は隔離された倍によって残されるプラスミッド DNA のリングでカバーされる原子的に平らな雲母の表面に graphenes を層にします。 接触および断続的な接触モード両方のスキャン力の顕微鏡検査を使用して、彼らは graphenes が高精度の根本的な DNA の地形を複製することが分りました。 異なった位層幾何学、例えば、プログラム可能な DNA パターンの高分子のアベイラビリティは新しい graphene によって基づく装置デザインのために約束するこのアプローチをします。 なお、分析的なスキャンのプローブの顕微鏡検査の技術のための単一の高分子の提供の新しい見通しのカプセル封入。

Severin 先生は graphene が接触モードのスキャン力の顕微鏡検査の間に出るせん断力に DNA の分子の高められた保護を提供することを見ました。 さらに、 graphene は酸化に対して包囲されたのに対して表面の保護層としてガスに不浸透性であるので、例えば、機能します。 graphene の高い電気伝導性および非常に小さい厚さを両方考慮に入れて、これは両方の分析のためのスキャンのトンネルを掘るか、または先端によってラマン高められる分光学のようなスキャンのプローブの microscopies そして分光学のための新しい機会を、局部的に変形させた graphene および制限された分子提供します。 これらの分子で沈殿させたとき」。すなわち graphenes が適用範囲が広いことを要約して、 Severin 先生は言いました、単一の分子の地形を複製してもいいほど分子を選抜するために graphenes の地形が精密と制御することができることを 「私達は正常に示しました

彼はまたこの作業のための JPK NanoWizard® II を使用することを選択の理由の一部についてコメントしました: 「私達は 30 ミクロンまでのサンプルそしてスキャン領域の比較的大型を使用できます。 一直線に並べられたスキャンナーは私達が正確に DNA および彼らの横断面の高さを測定することができるように最も重要です。 システムは測定をそのような小さい長さでするとき重要位取りするであるかどれが少し熱ドリフトに示します。 私はまたソフトウェアがかなり使いやすかった」。ことを見つけました

* 参照の確認応答:
Graphene、 N. Severin* の†、 M. Dorn の†、 A. Kalachev の‡および J.P. Rabe* の†が付いている単一の高分子の複製; 物理学、フンボルトUniversitaat の zu ベルリン、 Newtonstrasse 15、 12489 ベルリン、ドイツの†部。 、 Rudower Chaussee 29 Gmbh、‡ PlasmaChem 12489 ベルリン、ドイツ: Nano Lett。、 2011 年、 11 (6)、 PP 2436-2439; DOI: 10.1021/nl200846f; 刊行日付 (網): 2011 年 5 月 16 日; 版権の © 2011 のアメリカ化学会

Last Update: 12. January 2012 14:31

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit