Site Sponsors
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
Posted in | Nanomaterials

研究者は二酸化チタンの混合物を使用して自動クリーニング式綿織物を開発します

Published on December 20, 2011 at 1:31 AM

カメロンシェ著

長の研究者、 Deyong ウーおよび Mingce は、正常な日光への露出の細菌そして汚れをひとりでにきれいにすることによって臭気を除くことができる新しい綿織物を開発しました。

研究者は応用材料及びインターフェイスのアメリカ化学会のジャーナルの彼らの新しい綿織物を報告しました。 それらに従って、彼らは二酸化チタンから、日焼け止めのローションまでから食糧白いペンキまで及ぶ製品の広いアレイで広く利用される白い材料と彼らのファブリックに成っている混合物塗りました。

二酸化チタン材料は土を破壊し、ある種のライトへの露出の間に微生物を破壊することができます。 この機能のために、材料は無臭のソックス、浴室および台所タイル、自動クリーニング式 Windows を含んで複数の製品で既に、および大いにもっと利用されています。

研究者はより早い自動クリーニング式綿織物が紫外線への露出の間にだけ完全な自動クリーニング式を行うことができたことを示しました。 それ故に、彼らは正常な日光への露出の自動クリーニング式を行うことができる新しい綿織物を総合することにしました。

応用材料及びインターフェイスジャーナルのレポートに従って、研究者は窒素および二酸化チタンの混合物の作られた nanoparticles と綿織物に塗りました。 彼らは正常な日光への露出の間の nanomaterial 上塗を施してあるファブリックによるオレンジ染料の汚れの取り外しを示しました。 変色プロセスはヨウ素および銀を含んでいるそれ以上の分配の nanoparticles によって加速されました。

ファブリックのコーティングは洗浄し、乾燥する複数の後でさえも変化しなく残ります。 研究者は中国および Donghua 大学の各国用の自然科学の基礎からの資金調達を受け入れます。

ソース: http://portal.acs.org

Last Update: 11. January 2012 04:24

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit