Posted in | Nanofabrication

小説、高性能のケイ素の Nanorod の太陽電池を可能にする ALD

Published on January 2, 2012 at 7:02 PM

Picosun Oy、最新式の原子層の沈殿装置のフィンランドベースの全体的な (ALD)製造業者は、欧州連合 7 のフレームワークプログラムの資金を供給された研究計画th ROD-SOL の正常な最終結果を報告します。

相互ヨーロッパこの多国籍の目的は 3 年 (2009-2011 年) 科学的な、産業パートナーの努力を結合することを劇的に太陽電池の効率を高め、ずっと製造業のコストを削減することです写し出します。 これは革新的な小説ケイ素の nanorod によって基づく概念と達成されました。 実行中の光起電材料 (Si) の量はガラスか適用範囲が広いホイルのようなより安い基板のライト装飾の nanorod 「森林」の (< 1μm からの少数への厚さμm 最高で) 成長によってかなり減らすことができます。 これはセルの非常によい長期にわたる安定性の 9% のエネルギー変換効率に既に約束の原因となりました。 効果的に 3D 幾何学が原因で、 nanorod の森林に便利な第 2 薄膜の太陽電池でより効率的な効率的な光吸収を - はるかに可能にする高い実行中の表面積があります。 また、正常な太陽電池のより表面に近い方の大いに p-n の接続点の位置は根本的に電気の少数キャリアの料金の輸送そしてこうしてセルから得ることができる量を改善します。

nanorod の森林 (普通密なパッキング、棒径少数の何百もの nm および長さ < 1 つのμm) のマイクロメートル/副マイクロメートル次元が原因で ALD 最も重大なセルコンポーネントのいくつかを製造するための理想的な技術であると証明しました。 実行中の光起電層およびこうしてセル効率の減少の組み変えの損失を防ぐためには、組み変えの障壁のすなわち不動態化の層は表面棒ので」塗られる必要があります。 極めて薄い ALD 沈殿させた AlO のフィルムは23 この理想的にかない、最も深く、最も狭い間棒のいたるところが 100% の均一の、等角ピンホールディフェクトフリーの不動態化フィルムで確実に覆われることを気相塩基性、表面制御および ALD プロセスの性質を自己限定することは保障します。 ALD が不可欠を示したもう一つの中央セルコンポーネントはセルの (TCO)上の現在のコレクターとして働かせる透過伝導性の酸化物の層です。 異なった TCO の沈殿方法はプロジェクトの間に調査され、 ALD は Picosun の効率的で使いやすい HVM (大量の製造業) のバッチ ALD システムによる技術の TCO のフィルムの品質そしてスケーラビリティ両方に関する理想的な方法プロジェクト ROD-SOL の間にとりわけ開発された速くであることを、なりました。

「太陽 photovoltaics はまだ世界に最も成長が著しい企業の 1 つに残ります。 この自由な、クリーンエネルギーのより効率的な利用を可能にするためには、太陽電池の効率は増加しなければなり、製造原価は減ります。 ROD-SOL のケイ素の nanorod のセル概念はこれに有望な潜在性を示し、 Picosun の私達はこの新しく、革新的な、高性能の太陽電気のコンバーターの」実現に於いての ALD の中心的役割の特に、 Juhana Kostamo 州の Picosun の専務理事満足しました。

Picosun Oy は最新式 ALD システムのフィンランド、全体的に動作の製造業者で、継続を専用、排他的な ALD リアクターデザインおよび製造の四十年にほとんど表します。 Picosun の全体的な本部は Espoo、フィンランドのデトロイト、ミシガン州の Masala、 Kirkkonummi および米国の本部の生産設備にあります。 生産のための PICOSUN™ ALD のツールは 4 つの大陸を渡るさまざまな企業によって選択されます。 Picosun Oy は Stephen Industries Inc. Oy の部分です。

ソース: www.picosun.com

Last Update: 11. January 2012 04:24

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit