Site Sponsors
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions

新しい Nanoscale の物質的な構成のヘルプは赤外線光検出機構を最適化します

Published on February 16, 2012 at 1:26 AM

カメロンシェ著

アリゾナ州立大学から Yong こつチャンによって導かれる調査チームは国家安全保障および防衛システムで使用される赤外線光検出機構の技術を最適化するための nanoscale 材料を使用して新しい方法の開発にかかわります。

ASU エンジニアはおよび運転の安全法の執行に洗練された武器および監視サーベイランス制度の、産業およびホームセキュリティーシステム、医学の診断および夜間視界装置で使用する赤外線 photodetection を高めるのを助けると約束する技術的進歩に取り組んでいます。 (下記によって写真: Orkun Cellek/ASU)

調査チームは水晶があらゆる層で作り出されるか複数の極めて薄い nanomaterial の層を使用しました。 これらの層状構造の組合せは形作ります ` の超格子を」。 チャンは photodectector の感度および検出の品質がこれらの水晶によって達成される変換効率によって決まることを説明しました。

調査チームが開発する層状構造の構成そしてデザインの変更によって超格子の検出の波長は広く修正することができます。 チャンは赤外線光検出機構の感度が超格子の構造ことをに正確に nanoscale 材料を配列することによって改善することができること知らせました。

調査チームは超格子の構造を形作るのにインジウムのヒ化物のアンチモン化物およびインジウムのヒ化物の組合せを利用しました。 この組合せは装置が赤外線シグナルイメージ投射および検出、説明されたエリザベス Steenbergen、研究者の者を提供するために必要な写真の電子を作り出すことを可能にします。

従ってチャンはそれが技術で利用される他の慣習的で物質的な組合せによって達成することができるよりこの組合せがまた光学的に揺り動かされた電子の損失を減らすこと、 10 のフォールド上の電子のキャリアの寿命を改善することを知らせました。 キャリアの寿命は光検出機構の効率を以前制限した重要な面です。 この組合せから成っている赤外線探知器はそれから装置を作動させるために必要な力を減らすより少ない冷却を必要とします。 従って、これらの装置は費用有効および信頼でき、高度の監視サーベイランス制度、導かれた兵器類、ホームおよび産業保全システムのようないくつかのシステムを改良する道を開き交通安全装置および医用画像処理のために赤外線検出を利用します。

調査チームに従って、装置デザインは複雑な超格子の構造の層になるデザインの改善によって最適化することができます。

ソース: https://asunews.asu.edu

Last Update: 18. February 2012 08:14

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit