Posted in | Nanomagnetics | Nanoanalysis

磁気 Nanostructures を調査する研究者の使用の電子渦のビーム

Published on February 18, 2012 at 12:46 AM

カメロンシェ著

ヨーク大学から教授および 6 月元教授によってモハメド Babiker 導かれる調査チームは革新的な方法で材料の広いアレイを調査するために研究者を促進する電子顕微鏡の進歩を開拓しています。

調査チームは原子磁気をライトより効率的に厳密に調べることができる軌道角運動量の電子ビームである電子渦のビームを生成しました。 従来の電子ビームと対照をなす電子渦のビームは蛋白質のような生物的標本の構造の検出で重要であるイメージ投射の感度そして解像度を高めます。 彼らはまた分子および原子のような処理の nano スケールの目的のアプリケーションを見つけます。

電子渦のビームに電子渦でそれらを磁気材料のイメージ投射 nanoscale の構造のために適したようにする荷電粒子の移動の存在による準の磁界があります。 調査チームは電子渦のビームを作り出すためのホログラフィックマスクデザインを開発し、今ヨークJEOL の nanocenter にいる電子顕微鏡のイメージ投射機能性を増加するのにこのデザインを利用するように意図します。

元は渦のビームの使用が、電子顕微鏡検査のねじそっくりの回転波先の類似しているトルネードと、磁気 nanostructures の分析を変形させ、成長するために端のような新しいアプリケーションが検出および nanoparticle の装飾および処理対比することコメントしました。

Babiker は軽い光子ビームによって作り出される光学渦のビームがずっと最後の二十年の件名であること知らせました。 彼らは光学スパナーおよび光学ピンセットの nano 目的そして個々の分子の良いスケールの処理の複数の新しいアプリケーションの使用を、特に見つけます。

研究の調査は Sophia ロイドの第 2 年 PhD 学生によって作業の一部分行います。 調査の調査結果は物理的な検討の文字で報告されました。

ソース: http://www.york.ac.uk

Last Update: 18. February 2012 08:14

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit