Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Technical Sales Solutions - 5% off any SEM, TEM, FIB or Dual Beam
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
Posted in | Microscopy | Nanoanalysis

There is 1 related live offer.

5% Off SEM, TEM, FIB or Dual Beam

ケルビンのプローブ力の顕微鏡検査を使用して調査される単一の分子の料金分布

Published on February 29, 2012 at 4:38 AM

カメロンシェ著

IBM からの研究者に分子で料金の分布が超高真空および減らされた温度でケルビンのプローブ力の顕微鏡検査としてを使用して視覚化された、知られている (KPFM)タイプの原子力の顕微鏡検査正常にあります。

共同functionalized 先端と記録される単一の naphthalocyanine の分子の実験ケルビンのプローブ力の顕微鏡検査の画像の 3D 表示。 IBM の研究 - チューリッヒの礼儀

これは科学者が分子と原子間の結束そして分子切換えの形成の詳細解析を行うことを可能にします。

この調査では、伝導性のサンプルで、スキャンのプローブの先端は置かれます。 サンプルおよび先端の電気潜在性の相違が原因で、電界は作り出されます。 電圧の使用によって、電気潜在性は測定することができます。 満たされた分子領域のより高い電場はより高い KPFM のシグナルで起因します。 反対の料金との領域は赤い電界の方向の逆転による顕微鏡写真、または青の別の対照を作り出します。

有機性分子、対称的な交差型の分子である naphthalocyanine はこの調査で使用されました。 naphthalocyanine では、 2 nm、調査のための証明された有用のサイズの中心からの反対に置かれる 2 つの水素原子。 電圧パルスを用いることによって、水素原子の制御可能な切換えを 2 つの構成間で達成することができます。 この互変異性化は分子料金分布に影響を与え、分子は水素原子の範囲として位置再配布されます。

画像は両方の州の料金の分布のために生成されました。 調査はより高いのより大きい原子正確さの安定した顕微鏡機械的にそして熱的に必要とした submolecular レベルで長い間行われました。 より大きい解像度を先端への一酸化炭素の分子の導入によって達成することができます。

調査はゲルハルトマイヤーの Nikolaj の情婦、 IBM の研究のレオ総体および Fabian Mohn によって遂行されました。

ペーパーはジャーナル性質のナノテクノロジーでオンラインで出版されました。

ソース: http://www.ibm.com/

Last Update: 1. March 2012 19:47

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit