Posted in | Nanoenergy | Graphene | Nanobusiness

mPhase はスマートな NanoBattery を印刷するための先端材料を探索します

Published on March 8, 2012 at 2:21 AM

カメロンシェ著

mPhase の技術はそれがスマートな NanoBattery を印刷するための graphene そして他の先端材料の使用を調査していることを発表しました。

Graphene は 21 世紀の驚異材料として認識されました。 nanomaterial は世界の最も強い材料として柔軟性を保っている間考慮されます。 それはまた世界の伝導性材料として描写されました。 これらの機能はそれに低価格で電力源のようなより速く、より薄くそしてより多くの適用範囲が広い装置作り出す道を開くケイ素材料のための適切な置換をします。

アンドレ Geim およびコンスタンチーン Novoselov Graphene に関して彼らの開拓の実験のための会計年度 2010 年の物理学のノーベル賞に勝ちました。

mPhase の技術は microfluidics、 MEMS の処理およびナノテクノロジーの進歩によって促進される開拓のスマートな表面の技術を開発しています。 ろ過システム、化学薬品および液体センサーシステム、自動クリーニング式システム、実験室チップ分析的なシステムおよび薬剤の投射手段のそのスマートな表面の技術の発見の使用。

mPhase スマートな NanoBattery は会社の最初スマートな表面によって可能にされる製品です。 この電池は未来生成の手持ち型の賭博装置の広いアレイまたはいろいろ洗練された消費者、産業の、医学および軍事技術への高度 PDA か携帯電話で使用することができます。

スマートな表面の技術のほかに、 mPhase の技術は最近ポルシェデザインスタジオによって設計されている mPower 緊急照明器と呼出された最初製品のベールを取りました。 会社は mPower のウェブサイトを通して製品を配ります。

ソース: http://www.mphasetech.com

Last Update: 8. March 2012 03:37

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit