Site Sponsors
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
Posted in | Nanomaterials | Graphene

研究者は Graphene を模倣するのに冷たい原子を使用します

Published on March 17, 2012 at 6:02 AM

カメロンシェ著

ETH チューリッヒで Quantum の電子工学の協会から Tilman Esslinger が導く調査チームは正常に実験の graphene を模倣する 2 グループの 1 つです。 この技術は nanomaterial の格子構造の修正によって引き起こされた結果の理解を助けます。

Dirac ポイントを通して (左そして中心)、そして Dirac ポイントなしで加速の後で (右の) 測定されるカリウム原子の密度の分布。 上部の列は計算された bandstructure の対応する領域を示します。 (画像: Tilman Esslinger の研究グループ/ETH チューリッヒ)

調査の調査結果は研究ジャーナル、性質で報告されました。 Esslinger のチームはレーザー光線によって作成された新しい格子構造に ultracold カリウム原子を導入しました。 チームは graphene の蜜蜂の巣の格子構造を含んでいるさまざまな第 2 軽いフィールド幾何学を形作るのに一組の直角のおよび正確に置かれたレーザ光線を利用しました。

調査の間に、調査チームは温度わずかに高くより絶対零度で真空槽のそれらの冷却によって休むためにカリウム原子を持って来ました。 チームは原子の雲にそれから光学格子を置きました。 レーザ光線を制御することは正確にチームのための主要な挑戦でした。

光学格子の中の阻止の後で、カリウム原子は graphene の結晶構造の電子のように機能し始めました。 調査チームはカリウム原子が磁界の勾配によって加速されたときに光学格子の Dirac ポイントを見つけられました。 原子は Dirac ポイント、電子と同じようにの近くのゼロ大容量粒子のように」 graphene の動作機能します。 それらはバンドギャップが消えるので原子価バンドからの伝導帯の方に移れました。 調査チームはそれから真空によって流れます原子は光学蜜蜂の巣の格子により除去するためにレーザ光線を消しました。 チームはそれから原子の弾道を再建するために原子分布の吸収の画像を捕獲しました。 研究者はまた格子対称がわずかに変わるとき原子が大容量背部を得ることができることを検出しました。

Esslinger はで、新しく物質的な検索ことをで有用この方法が物理的な認識の前に未来の材料の電子特性をよく模倣することに有用であることを信じます。

ソース: http://www.ethz.ch/

Last Update: 17. March 2012 07:37

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit