Posted in | Nanomaterials | Nanoanalysis

有機性薄膜の構造そして特性を調査する新しい技術

Published on March 22, 2012 at 5:10 AM

カメロンシェ著

米国エネルギー省のローレンスバークレーの国立研究所 (バークレーの実験室) から Miquel Salmeron によって導かれる調査チームは (DOE)高度の有機性またはポリマー電子デバイスを発達させる道を開く 1 分子からの有機性薄膜の別の分子に充電の交通機関のパスを検出しました。

窒化珪素の膜で沈殿する有機性薄膜のスキャンの透過型電子顕微鏡の画像。 黄色い矢は各々の結晶の領域の格子オリエンテーションを明記します。 緑の円は多結晶性領域を示します。 (バークレーの実験室の分子鋳物場からの画像)

研究者はまた化学的にそれらを修正することによって有機性薄膜の伝導性を高める方法を示しました。 実験はバークレーの実験室の分子鋳物場、雌ジカの nanoscience の中心で行なわれました。

Salmeron は調査チームが特定の方向ことをの分子の配列によって有機性薄膜の伝導性を改善できたことコメントしました。 従って化学者が既にその特定のアラインメントを用いる有機性薄膜を製造する方法をよく知られているので、また分子間の料金の交通機関の分子アラインメントそして影響を検出するのにバークレーの実験室の方法を使用してもいくまだにあ開発された有機性電子デバイスのパフォーマンスを高めるために可能性を開きます。

この実験では、調査チームは電子回折パターンを使用して分子フィルムの結晶構造をマップしました。 これらの分子フィルムはチオフェンの単位で長い鎖を構成するポリマーの縮約版の単一層から成っていました。 単一層の分子フィルムの結晶構造をマップするためには、調査チームは一義的な作戦を開発し、分子鋳物場の Nanostructures 機能のイメージ投射そして処理で伝達電子顕微鏡を使用しました。 構造結晶学のマップはフィルム上の平行電子ビームのスキャンによって得られた電子回折パターンのコンピューター分析によって生成されました。

これらのマップが領域の結晶化度、構造およびオリエンテーション、単位格子のオリエンテーション、対称およびサイズのある程度の欠陥のないデータを提供すること知らせられる有機性薄膜の電気輸送特性そして構造を知って重要であるマイクロスケールの研究者のヴァージニア Altoe、 1、および相違。 調査チームは解像度を犠牲にして構造的情報を得、構造マップ方法が電子ベースの導電率がある材料のために用いることができること知らせました。 この方法は物質的な研究アプリケーションの広いアレイで潜在性を示します。

ソース: http://www.lbl.gov/

Last Update: 22. March 2012 07:21

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit