Posted in | Nanofluidics

DNA の分子を処理し、測定する NIST の Nanofluidic の技術

Published on March 22, 2012 at 5:11 AM

カメロンシェ著

エリザベス Strychalski、サミュエル Stavis および国立標準技術研究所 (NIST) からの同僚から成り立っている調査チームは制御し、測定の革新的な nanofluidic 技術を Nanomaterials および DNA の分子開発しました。

entropophoresis (上) によって nanofluidic ステアケースを降ろす DNA の分子の動きを示す設計図。 実例は実際のステアケースの顕微鏡写真でオーバーレイをされます。 光波干渉は各ステップに別のカラーを与えます。 対応する蛍光性の顕微鏡写真は (最下) 深さが約 4 ナノメーター (水分子より大きい約 20 倍) から権利の最も深いステップで約 342 ナノメーターに左で増加すると同時に DNA の分子がどのように引き締まるか示します。 DNA の分子の画像は汚されて、あるより大きい pixilated、それを作ってであって下さい。 これらのイメージ投射エラーは分子のサイズの最終的な分析で推定され、訂正されます。 (信用: Strychalski、 Stavis/NIST)

調査チームはしなやかで優雅に類似していると nanoslinky 技術、コイル状の金属のばねを指名しました。 ステアケースの形の nanofluidic チャネルを特色にする新しい技術は DNA の分子を制御し、測定するために使用される慣習的な nanofluidic 方法上のより多くの利点を提供します。

Stavis はステアケースの構造が DNA の分子の動作を制御することを説明しました。 DNA の分子は電界の助けによってステアケースの上のステップで置かれた後、外力なしで移動し始めました。 ステアケースの構造は DNA の分子の複雑な測定そして処理を自動化する受動の nanofluidic 技術です。

この NIST の nanofluidic 技術の進歩はチャネルの天井およびステップ」床間の狭いスペースによって作成される nanofluidic ` のスリットそっくりの拘束」で DNA の分子のサイズを検出するために開発される NIST の測定科学の革新とよくマージします。 Strychalski は nanoslinky システムのステップを降ろすときこと contractsgradually 折られ、巻かれた DNA の繊維知らせました。 新しい技術はシステムに多くのステップがあるので調査より正確な測定を先に提供します。

より正確に測定に降ろすとき DNA の分子は、 NIST のチーム pixilation および回折の結果を近づけるのにモデルを利用しました。 研究者はステアケースによって引っ掛かった DNA の分子の映像にこれらの数値モデルを加えることによって DNA の分子のサイズの最も量的で最終的な測定を得ました。 これらの測定はまたより多くの研究がこの複雑なシステムを理解するために必要となることを示しました。

研究者に従って、ステアケースの技術は 3D 表面を複雑にした設計された nanofluidic 構造の基本的なプロトタイプです。 最適化された技術は DNA の分子だけ nanomanufacturing およびヘルスケアのためのまた nanomaterials および生物高分子物質を処理し、測定するために製造されたボリュームである 1 日かもしれません。

ソース: http://www.nist.gov

Last Update: 22. March 2012 07:21

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit