Posted in | MEMS - NEMS | Nanobusiness

InvenSense は CMOS-MEMS のウエファーのための二重ソース供給容量を宣言します

Published on March 29, 2012 at 6:38 AM

カメロンシェ著

InvenSense、 MotionTracking 装置の提供者は、台湾の半導体の製造業および GLOBALFOUNDRIES を含んでいる 2 つの主要な半導体の鋳物場からの CMOS-MEMS のウエファーのための二重ソース供給容量を宣言しました。

台湾の半導体の製造業は InvenSense のために供給に二重の去年にわたる CMOS-MEMS 容量を、高めました。 GLOBALFOUNDRIES は InvenSense の 8" の特許を取られた製造のプラットホームを CMOS の製造業ライン組み込みました。 それ故に、鋳物場は両方とも InvenSense および顧客に CMOS-MEMS のウエファーを供給します。

会社は鋳物場から MEMS および CMOS のウエファーがウエファーにウエファープロセスを使用して一緒に統合することを可能にする特許を取られた Nasiri 製造のプラットホームを通して CMOS-MEMS によって統合されたウエファーを受け取れました。 続いて、これらのウエファーは地球を渡る顧客に渡される前に通常のテストおよびパッキングプロシージャを経ます。

MEMS の慣性センサーの生産者の大半が先行させている慣習的な統合された装置製造方法と比較されたとき fabless CMOS-MEMS デザインは現実的な価格でそしてより少しまたは資本コストと会合に InvenSense へ 8つをウエファーの fabs 容量こと結果慣性センサーの市場条件増加することを含めないいくつかの利点を提供します。 それ故に、この fabless 製造業デザインはほとんどの半導体の製造工業によって好まれます。

InvenSense は世界を渡る電子デバイスの顧客に MotionTracking の解決を提供します。 ジェスチャーによって基づくインターフェイスおよび直観的な動き、精密および高められたパフォーマンス含んでいる顧客の条件を満たすようになお、会社の特許を取られたおよび特許審議中のプラットホームは設計されています。 InvenSense の技術はタブレット、スマートな電話、賭博装置、スマートな TV と光学画像安定に使用する遠隔制御装置にあります。

ソース: http://www.invensense.com

Last Update: 29. March 2012 10:36

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit