Posted in | Nanolithography

大阪大学は Nanoink からのすくいのペンの Nanolithograpohy システムをインストールします

Published on April 3, 2012 at 7:32 PM

NanoInk の NanoFabrication のシステム部は、日本大阪大学の Photonics が大阪の研究所を進めたことを発表するために喜び、最近 DPN 5000 システム - nanoscale の正確さおよび精密のいろいろな材料を模造することができる専用、多目的な器械 -- を購入し、そしてインストールしました。

Nanoink DPN5000 のすくいのペンの nanolithography システム。

大阪大学科学者は DPN 5000 システムの力を plasmonic nanoscale および nanophotonics 装置を発達させ、製造する利用します。

大阪大学の Photonics によって進められる研究所は photonics のそして新しい現象を作成するのにライトベースの科学の使用のアプリケーションのフィールドの研究の広いスペクトルを行ないます; それらに nanomaterials が付いている光子の相互作用の調査の重点があります。 産業使用のための photonics の技術を開発するために、 Photonics によって進められる研究所はまた何人かの一流の技術の会社との共同の研究関係を維持します。

「私達はそれが環境に優しい条件の下にいろいろな材料を nanopatterning ための理想的な器械であるので NanoInk の DPN 5000 システムを」、言いました Nobuyuki Takeyasu 助教授先生を、 Photonics によって進められた研究所の選択しました。 「DPN 5000 システム非常にユーザーフレンドリー装置です、従って私達の研究者が plasmonic 非常に迅速で nanoscale および nanophotonics 装置を作成」。はできると私達は期待します

DPN 5000 システムは sub-micron によって大きさで分類される機能の材料の広い範囲の多成分沈殿が可能なフル装備の先端ベースの石版印刷のプラットホームです。 その直観的なユーザー・インターフェースは執筆プロセスの間に正確に先端の動きを制御することによって複雑な nanopatterns の沈殿を可能にします。 NanoInk の専有 MEMs 装置を結合し、プロトコルを多数の印刷の材料および基板と模造して、 DPN 5000 システムユーザーは容易に nano および微細構造を設計し、作成し、分析できます。

「私達は大阪大学の Photonics によって進められた研究所が私達の DPN 5000 システムを選んだこと喜んでいます。 NanoInk のプラットホームの biocompatible 沈殿プロセスおよび急速なプロトタイピングの機能と、先生 Takeyasu および彼の同僚は plasmonic nanoscale を作成迅速かつ簡単にでき、 nanophotonics 装置」、オリバーを Yeh 言いました、 NanoInk の NanoFabrication のシステム部の総務部長、アジア太平洋地域。 「DPN 5000 システムを使用して、パターンデザインおよび製品の製造は拡張性が高く、 1 時間以内で完了することができます」。

Last Update: 3. April 2012 20:36

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit