Site Sponsors
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD

研究者は凝集性の Quantum 段階のスリップ現象を示します

Published on April 20, 2012 at 2:31 AM

カメロンシェ著

NEC のスマートなエネルギー研究の実験室および RIKEN によって進められる科学の協会からの研究者のチームは実験的に ` の段階スリップの qubit を使用して凝集性の量段階のスリップとしてはじめて知られている微妙な (CQPS)現象の存在を開発する」、チームが qubit の新しい種類示しました。

この図は Josephson のトンネル (去りました) および凝集性の量段階のスリップを示します (右の)。 左で、 2 つの超伝導体は薄い絶縁体 (この場合スペース) で分かれています。 流れは絶縁体を渡ってトンネルを掘る superconducting 電子ペア作り出されます。 権利で、 2 つの絶縁体は超伝導体で分かれています。 流れは超伝導体を渡ってトンネルを掘る磁束によって作り出されます。 (信用: RIKEN)

進歩の調査結果は微妙な現象、超伝導理論の生得の結果に新しい洞察力を提供します。 現象の存在は長く仮定されませんでしたが、決して実験的に前に示されてしまいました。 調査の結果はジャーナル、性質で報告されました。

Josephson 接続点は超伝導の主アプリケーションの 1 つです。 この接続点は超伝導体間の superconducting 流れのトンネルを掘ることを記述する薄い絶縁層隔離されるジョセフソン効果に基づいています。 Josephson 接続点では、薄い絶縁体は 2 つの超伝導体を、一方 CQPS で、超伝導体分けます 2 つの絶縁体を分けます。

調査チームは薄い superconducting インジウムの酸化物ワイヤーの CQPS を示しました。 大きい superconducting ループに薄いワイヤーを挿入することによって、調査チームは狭いワイヤー (superconducting 層) が空いているスペースの絶縁層の間に置かれた段階スリップの qubit、新しい量装置を形作りました。 マイクロ波振動数を監視し、 superconducting ループに穴を開ける磁束を変えることによってチームは理論によって説明されるようにシステム 2 の変化州間のエネルギー帯のギャップを、検出できました。

従って量子力学により 2 つの州を薄いワイヤーを渡ってそして superconducting 層の量の段階スリップによってトンネルを掘らせますによってこのエネルギーギャップを防ぎます引き起こしま同じエネルギー準位を達成することを。 実験的に CQPS の存在を示すことのほかに、調査はまた量の段階スリップの一義的な機能性を利用する superconducting 電子工学の新しい機会を開発する装置の新しい種類の開発の原因となります。

ソース: http://www.riken.jp

Last Update: 20. April 2012 03:18

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit