Posted in | Nanomaterials

研究者は複雑な Nanostructures を作成するために新しい技術を案出します

Published on April 26, 2012 at 2:37 AM

カメロンシェ著

デューク大学からの研究者のチームは微粒子の磁場そして集中の変更によってより大きい結晶の構造に顕微鏡の粒子を自己組み立てるために上昇形アプローチを開発しました。

これは nano 構造 (信用です: ベンジャーミン Yellen)。

チームが理論的な基礎をこの新しい方法のためのそして説明された実験室の 20 のプログラムされた nano スケールの構造に案出したことベンジャーミン Yellen、知らせられる研究者の者。 この新しい技術は現在の方法を使用して総合することができない複雑な材料を開発する道を開きます。 調査の調査結果は性質の通信連絡ジャーナルで報告されました。

この技術では、調査チームは格子、リングおよび鎖のような複雑な nanostructures を作成する磁気および非磁気粒子をなだめすかすために液体の解決の磁化を処理しました。 液体の解決は ferrofluid が鉄含んでいる混合物から成っている nanoparticle の中断を含んでいるように呼出しました。 この液体の磁化は外部磁場の適用によって高めることができます。 液体より高い磁化の粒子は正電荷のように液体より少し磁化の粒子は負電荷のように機能したが、機能しました。 反対側に荷電粒子間の魅力は水晶に塩を加えるために類似していた nanostrucutures を作成しました。

調査チームは粒子の集中および ferrofluid の磁化の変化によって nanostructures のパターンそして形を制御しました。 これらの nanostructures のパターンそして形はアプリケーションを、言いました Yellen を決定します。

Yellen に従って、これらの新しい nanostrucutres はセンサーのような高度の光学装置でカスタマイズされた光学的性質が付いているさまざまな nano 構造が製造することができるか利用することができます。 Yellen はまた金属の粒子から成っているリングが人工的な否定的な磁気透磁率および光学磁気を示す材料設計するために利用することができることを予測しますおよびアンテナを。

ソース: http://www.duke.edu

Last Update: 26. April 2012 14:47

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit