Posted in | Nanomaterials

調査は液晶を使用して新しい Nanostructures を作成する可能性を示します

Published on May 4, 2012 at 1:51 AM

カメロンシェ著

従ってウィスコンシンマディソンの大学で化学および生物的工学のファン J. de によってパブロ、教授導かれる国際的な科学者のチームは nanoscale の液晶の処理が自己組み立てるために相互に作用している分子を作ることができること新しい特性が付いている革新的な材料を開発する道を開くことを検出しました。

計算モデルは液晶材料の nanospheres を示します。 異なったパターンは界面活性剤、液晶によってが表面インターフェイスでと相互に作用している分子の自己構成を表します。 (画像: ファン de パブロ。)

計算機シミュレーションの調査の結果は性質ジャーナルで報告されました。 調査は液晶を使用して自発的に新しい nanoscale の形態を形作る可能性を明らかにします。 計算の調査は多数の棒型の液晶の分子によって制限された中の nano サイズの液体のしぶきの特性を模倣しました。 調査はしぶきが冷却されるときこれらの液晶の分子が自己組み立てることができることを示しました。

液体のしぶきが冷却した上で命令されるようになるので冷却プロセスが液晶段階を形作ることを de パブロは説明しました。 驚いた何がチームは界面活性剤と呼出された水の自己構成を刺激し、しぶきで」現在の他の分子をインターフェイスさせなさいしぶきの中の液体の結晶化度の動作 nanodomains を形作るためにでした。

この結果は液晶が不在のときインターフェイス分子が同質な分布を仮定することを示します。 ただし、液晶の存在は発注された nanostructure を作成するためにそれらを作ります。 界面活性剤の集中かしぶきのサイズことをによってそれらの処理によってこれらの発注された nanophases の形成によって新しい構造および材料を作成するために調査の結果が可能性を提供すること de パブロは知らせました。

例えば、 DNA の分子と結ばれる界面活性剤は可能性液晶を使用してウイルスを、生物的分子および毒素を開発する DNA の交配によって検出するために組織することができる液晶のしぶきに接続することができます。 しぶきの中の液晶そして界面活性剤の整理は変更されて得ま、従って蛋白質かウイルスがしぶきに接続するとき生物学の研究の設定、ヘルスケアおよび biosecurity に有用である光シグナルを生成します。

ソース: http://www.wisc.edu/

Last Update: 4. May 2012 02:18

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit