Posted in | Nanotoxicology

日焼け止めで使用される酸化亜鉛 Nanoparticles はヒト細胞への損害を与えるかもしれません

Published on May 9, 2012 at 2:10 AM

意志 Soutter によって

ミズーリの理工系の大学からの教授が Yinfa Ma および大学院生 Qingbo ヤン、酸化亜鉛の nanoparticles 行なう、セル毒性調査に従って日焼け止めで使用される共通の原料は皮膚癌の危険を高めるかもしれません。

調査から、調査チームは酸化亜鉛の nanoparticles が日光ことをへの露出の間に化学反応を経ることによって遊離基を生成することができることが分りました。 従ってこれらの遊離基はヒト細胞および DNAs への損害を与える潜在性を保持しま皮膚癌の危険性を高めます。 チームはまた日光への酸化亜鉛のより長い露出がヒト細胞を破壊できることを検出しました。

調査の間に、調査チームは酸化亜鉛の nanoparticle の解決で人間の肺セルを中断し、さまざまな種類 -- の異なった時間枠上のライトにさらしました。 チームは酸化亜鉛の解決で水中に沈まなかったセルとそれから結果を比較しました。 検出されたチームがだった何解決で水中に沈まなかった酸化亜鉛の解決でそれらより浸ったセルはもっとすぐに破壊しました。

酸化亜鉛の解決で水中に沈んだ肺セルは可視ライトへの露出の間に悪化しました。 悪化のレートは紫外ずっと波ライトへの露出の間に大いにより高かったです。 Ma は紫外線に露出されたとき、酸化亜鉛の nanoparticles が光線を吸収し、化学反応による電子を解放することを疑いました。 従ってこれらの電子は他の分子と結んだときに寄生虫として動作するそれらの分子への損害を与える不安定な遊離基を、生成するかもしれません。

Ma の酸化亜鉛の nanoparticles のセル毒性調査は最初の段階にあります。 より多くの研究はまだ日焼け止めの酸化亜鉛の nanoparticles の毒性についての結論を出すために必要とされます。 例えば、 Ma は遊離基が電子スピン共鳴テストを使用して酸化亜鉛の nanoparticles によって生成されるかどうか確認することを計画します。 さらに、臨床調査は彼の調査の結果を認可するために必要となります。

ソース: http://www.mst.edu/

Last Update: 9. May 2012 02:41

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit