研究者はギ酸を使用して Quantum の点の蛍光効率を改善します

Published on May 10, 2012 at 4:08 AM

意志 Soutter によって

ヴァンダービルト大学からサンドラ Rosenthal によって導かれる調査チームは 3% の最初のレベルから白ライト量の点の」改良する方法を 45% までの蛍光効率、もっとより十倍に増加します検出しました。

元の白色光の量を保持するガラスびんは権利の左そして高められた量の点で点を打ちます。 (Rosenthal の実験室)

Vanderbilt 化学実験室は前に偶然白ライト量の点を 7 年検出しました。 見つけられた実験室が超小さい量の点だった何をただの 60-70 個の原子から成り立って単色光よりもむしろ白色光を解放ことできました。

ノースカロライナの大学で行われた調査は Vanderbilt の研究へインスピレーションでした。 チームは最初に明るくなる効果を高めるための量の点を扱うのに金属塩を使用し、 10% から 20% の改善を達成しました。 使用された塩がアセテートの塩だったので、研究者はそして酢酸、 8% から 20% まで蛍光効率を高めた炭素環式の酸と量の点を扱うことにしました。

糸口としてこれを取ることによって、研究者は炭素環式の酸グループの他のメンバーとそれから検出した何をギ酸 45% まで imprve にできた蛍光効率だったか、量の点を扱い。 ここでは、効率の増加は量の点のピークを」青へのカラースペクトル変更しました。 ただし、調査チームは後押しされた薄い色のバランスを最適化する方法を知っていたと言いました。 チームは高められた量の点のためのさまざまなカプセル化の技術をテストする計画があります。

Rosenthal は蛍光効率がこれらの改良された白ライト量の点がある特定の特別な照明アプリケーションで利用されるようにする 45% を達成するそれを知らせました。 この達成はまた更にこれらの nanocrystals の蛍光効率を高める可能性を明記します。

ソース: http://www.exploration.vanderbilt.edu

Last Update: 10. May 2012 04:17

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit