Posted in | Nanofluidics | Nanobusiness

ドロマイトは Microfluidics の主要な進歩を達成します

Published on May 21, 2012 at 2:13 AM

意志 Soutter によって

microfluidic 装置を設計し、発達させるドロマイトは単一のビードかセルをカプセル化することができるしぶきに高度のしぶきシステムを開発することに成功しました。

monodisperse のしぶきの中の 2.8µm の直径のビード

この進歩のしぶきシステムはしぶき PCR、高いスループットスクリーニングおよび単一セルの分析のようなアプリケーションの広いアレイのために有用です。 この新しいシステムは microfluidics の提供のユーザーの重要な進歩 picoliter ボリュームの単一セルの試金を行なうのに必要とされるツールです。

この革新的な microfluidic 技術はしぶきの比率ごとの 1 つのビードの 100 µm の直径を持っている monodisperse のしぶきに 2.8 µm の直径を持っている非常にロードすることによってより少ないビードの損失と磁気ビードを説明されました。

ドロマイトの典型的な microfluidic コンポーネントを特色にする新しいしぶきシステムはユーザーがしぶきに単一のビードかセルを入れることを可能にします。 Mitos P ポンプがビードの同種の分布を提供するために入力流動貯蔵所をかき混ぜるのに使用され、しぶきボリュームの優秀な制御を達成するための安定した、 pulseless 流れを提供します。

ドロマイトの Multiflux の線形コネクターがポンプからの管チップへのへの一貫した漏出なしの接続を形作るのに使用されています。 しぶきのクロス汚染を避けるためには、それらは不活性の過フッ化炭化水素のキャリアのストリームで分かれています。 しぶきを安定させるためには Pico 波と呼出される biocompatible 界面活性剤は使用されます。 Pico 波は特に pico しぶきを生成し、安定させるように設計されています。

ソース: http://www.dolomite-microfluidics.com

Last Update: 21. May 2012 03:29

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit