アナログ装置は新しい 3 軸線、デジタル MEMS 加速度計のベールを取ります

Published on June 6, 2012 at 2:43 AM

意志 Soutter によって

アナログ装置は 3 軸線、 300 nA で目覚しモードを感じる動きではたらく ADXL362 と呼出されるデジタル MEMS の加速度計のベールを取りました。

アナログ装置は現在の消費が同じモードで動作する最も近い競争センサーのそれより低い 60% であるので ADXL362 が企業の低い電力 MEMS の加速度計であることを主張します。

それが完全な測定のモードの 100 つの Hz データのレートで 2 mA を消費するので、パワー消費量は同じ頻度で働く競争 MEMS の加速度計のそれより低い 80% です。 この品質は ADXL362 を長い電池の寿命が必要であるまたは電池が置換オペレータか装置に不可能または危険であるアプリケーションのために適したようにします。

ADXL362 MEMS の加速度計は絶えず動作する情報処理機能をもった動き作動したスイッチのコンポーネントとして利用することができます。 従ってその目がさめている状態の出力ピンはそれが、更に減少システム力直ちにプロセッサのヘルプなしでシステム操作を開始するスイッチを作動させることを可能にします。 従ってその改善されたサンプル作業の検出の機能はそれが正確にさまざまなタイプの動きを区別することを可能にしま偽陽性の除去によって電池の寿命および不必要伸ばしシステムをセンサーによってつけます。

従って ADXL362 デジタル MEMS の加速度計はシステム設計者がデータを保存し、長いデータセットを流すことを可能にするプロセッサロードの低下によってより多くのシステム力を節約する深い内部先入れ先出し法のメモリブロックを特色にします。 それはまた 2 つの低雑音のモードおよび統合されたマイクロパワー温度センサが装備されています。 その測定の範囲は ±2 g、 ±4 g、および ±2 g の範囲の 1 つの mg/LSB の解像度の ±8 g、です。

ソース: http://www.analog.com/

Last Update: 6. June 2012 03:20

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit