Newsletters

Wollongong の大学の生命科学の研究の AFM の使用の JPK の器械のレポート

生命科学の研究のための nanoanalytic 器械使用の JPK の器械、世界一流の製造業者および柔らかい問題、先生のミハエル Higgins グループの Wollongong の大学の Electromaterials 科学 (エース) のための (IPRI)情報処理機能をもったポリマー研究所そしてアークの優秀な研究機関で生物系の nanoscale の相互作用を調査する AFM の使用のレポート。

Electromaterials 科学 (エース) のための、 Wollongong (IPRI)、彼の JPK NanoWizard® AFM システムが付いているオーストラリアの大学情報処理機能をもったポリマー研究所そしてアークの優秀な研究機関のミハエル Higgins 先生、

ミハエル Higgins 先生は生物系へスキャンのプローブの顕微鏡検査のアプリケーションの Wollongong そして一流の (IPRI)研究の大学に現在 Electromaterials 科学 (エース) のためのアークの優秀な研究機関 (UOW)内の情報処理機能をもったポリマー研究所のアークのオーストラリアの研究員です。 Higgins 先生の主要な興味および研究は AFM のアプリケーションに生物系の nanoscale の相互作用を、生体細胞を含んで、モデル脂質の膜調査するために、単一の配位子受容器の相互作用、個々の蛋白質の展開、基本的な表面力の相互作用、また焦点を合わせま AFM の器械の開発にかかわります。 彼は生物物理学のフィールドで 15 年間の AFM との経験に今持っています。

Higgins 先生は彼の研究の目的を記述しました: 「私達は電子生体外の文化システム (例えば電子ペトリ皿)、ティッシュの再生のための implantable 電極および炎症性応答か細菌の付着を防ぐための electroactive コーティングを含む生物的アプリケーションの高度の電極のコーティングとして有機性コンダクター (CNT の graphene、行なうポリマー) を、発達させたいです。 これらの材料を使用するための前提はセル相互作用を制御するのに私達が」。電気刺激を使用してもいいことです

彼は続けました: 「刺激は正常にこれらのタイプ電極を開発することを、私達は細胞材料インターフェイスの大いによりよく理解が必要とすることです。 例えば、私達はどのようにそれらが生体細胞またはティッシュへのよりよい電気 「接続」をするようにこれらの材料を製造しますか。 または私達はどのようにセル相互作用を制御するために彼らのダイナミックな、 electromaterial 特性を利用してもいいですか。 これらは電極の方にセル成長を導く機能を必要としましたりセル電極の付着を高めましたり、 biomolecular および細胞認識のための表面化学を合わせ、次に電極でセル相互作用を制御するのに最終的に使用します電気刺激を」。

10 年のピリオドにわたるいろいろ商業用システムを使用して、 JPK NanoWizard® の出現は高度の研究および実験柔軟性に新しい機会を提供しました。 「私達は流動セルに生きているセル調査を可能にする複数の素晴らしい構成 (例えばペトリ皿のホールダー、 BioCell™等) がある間、それが光学技術とよく統合する方法を好みます。 具体的には私達のために、電気化学のセル構成の範囲は異なった electromaterials および電気刺激に応じて単一の分子およびセル相互作用を調査することを可能にします私達が」。

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit