Posted in | Nanomagnetics

データ記憶のための分子メモリ

Published on June 15, 2012 at 2:09 AM

意志 Soutter によって

データ記憶装置は磁気か電子メモリセルを用います。 メモリセルとして個々の分子の使用は分子メモリが千フォールドの減少で起因するようにデータ記憶の景色を変形させます。

押売りするものがで分子メモリの採用の方の重要なステップとして、キール大学、ドイツの科学者は個々の分子の磁気をそしてつけるのに電子の利用に、成功しました。 これは情報蓄積のために分子を使用する可能性を確認します。 調査はドイツの研究振興財団 (DFG) によってプロジェクトの切替え 「による」機能の一部として資金を供給されます。

過去数十年にわたって、科学者は表面の分子の画像を捕獲するのにスキャンのトンネルを掘る顕微鏡を使用しました。 さまざまなアプリケーションのための分子の特性を制御する技術は初期の段階にまだあり、これはキール大学で実験および応用物理の協会の教授によってリチャード Berndt 導かれるチームが試みているものですするように。 プロジェクトの最終的な目標は分子機械を発達させることです。

現在の調査は 2 つの磁気州間の分子を交互にするのにスキャンのトンネルを掘る顕微鏡が使用されている先生によって Thiruvancheril Gopakumar 遂行されています。 分子はキール大学の無機化学の協会で設計されました。 チームは密に詰められた層の中の特定の分子に取り組めました。 プロジェクトの次のマイルストーンは磁気切換えが電子の代りに光源によって高温で遂行することができるように分子を総合することです。

ソース: http://www.uni-kiel.de/

Last Update: 15. June 2012 02:45

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit