Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
Posted in | Nanomaterials

There is 1 related live offer.

Save 25% on magneTherm

調査の調査結果は金 Nanoparticles のサイズそして特性を制御する道を開きます

Published on June 19, 2012 at 7:03 AM

意志 Soutter によって

ノースカロライナの州立大学からの調査チームは金の nanoparticles の統合で利用される有機性分子である配位子の嵩高性がより大きい配位子意味する nanoparticles のサイズを定めることを、検出しました、より小さい nanoparticles。

より扱いにくい配位子、少数配位子は隣り合わせに坐ることができます -- より小さい nanoparticle へ導くこと。

研究者はまた各種類の配位子が離散サイズの特定のアレイを用いる nanoparticles を総合することを検出しました。 この研究が nanoparticles の形成の理解を助け、金の nanoparticles のサイズそして特性を処理するために新しいツールを提供することヨセフ Tracy、知らせられる研究者の者先生。

調査の調査結果はペーパータイトルを付けられた ` で扱いにくい Adamantanethiolate 記述され、 Cyclohexanethiolate の配位子はジャーナル、 Nano ACS の変えられた離散サイズとより小さい金 Nanoparticles を」支持します。

金の nanoparticle の統合の過程において nanoparticles を形作るために、金原子は配位子によって効果的に配列されます。 プロセスの間にすべての 3 つの次元の nanoparticles を囲むために、配位子は横にアセンブルします。

Nanoparticles のサイズの配位子の嵩高性の影響を調査するためには、研究者は 3 種類のチオールの配位子即ち 1-adamantanethiolate (- 悲しい)、 cyclohexanethiolate (- テストしました SCy) および悲しい線形 hexanethiolate (- SC6)、 - 3 の最も扱いにくいのあり、順序で最後 - SC6 はです。

調査は nanoparticles のサイズが配位子の嵩高性によって決定されることを確認しました。 従って少数だけ 3 つの次元に - 悲しいおよび - SCy の配位子隣り合わせにことができま、少数の金原子だけより小さい nanoparticles でそれから起因するコアで一緒に持って来ます坐る。 一方では、最も大きい nanoparticles は 3 つの thiolates 間の最も少なく扱いにくい作成された - SC6 です。

研究者はまた形作られたより小さい nanoparticles に離散サイズとして名づけられる極めて特殊なサイズがあることが分りました。 例えば、あるより小さい nanoparticles は 25 個か 28 個の原子がある決して 26 個か 27 個の原子を持つかもしれません。

調査チームはまた配位子が」嵩高性 nanoparticles」の離散サイズ変えることを検出しました。 Tracy は配位子および金原子のカウントが nanoparticle の化学動作の影響があるかもしれない各々の離散サイズと変わるので見つけているこれが重要であること知らせました。 ただし、この問題はまだ探索されるべきです。

ソース: http://www.ncsu.edu

Last Update: 19. June 2012 07:49

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit