Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D

INSERM/CNRS の実験室でセル調査に使用する NanoWizard AFM システム

Published on July 10, 2012 at 9:11 AM

生命科学の研究のための nanoanalytic 器械使用の JPK の器械、世界一流の製造業者および柔らかい問題、マルセーユ、フランスの INSERM/CNRS の実験室の NanoWizard® AFM システムの使用のレポート。

細胞粘着および発火の実験室は Luminy のキャンパスに INSERM/CNRS の複合体の一部としてマルセーユにあります。 それは物理学、生物学および薬の背景を持つ調査官で構成される学際的な研究ユニットです。 目標は物理的な概念を適応させることであり、セルの理解への方法は、特に関連した臨床問題にこの基本的な研究の結果を適用することの目的の免疫組織の細胞粘着、作用します。

ピエールアンリー Puech (差込み) および彼の JPK NanoWizard® AFM システム (INSERM/CNRS) 先生

ピエールアンリー Puech 先生はセルが感じおよび理解で環境統合する物理的な手掛りはであるもの定めるために分子および細胞レベルで力に取り組んでいるピエール Bongrand のグループの INSERM のスタッフの科学者です。 彼は、他のトピック間で記述にセルを示す抗原をスキャンするときその T 細胞の手段である物理的なパラメータは何、取り組みます (APC)。 これはセルか有機体がセルの悪化によるウイルスの侵入または修正のような外部摂動に直面している癌性変形によってのようなかどうか定めることです。 この認識は APC の表面で蛋白質 (pMHC (TCR)) を示す T 細胞の受容器とペプチッドの間で相互作用によって行くので pMHC 間の結束の持続期間および TCR (またはレートを離れて)、読み出しの決定のメカニズムの細胞骨格との強さ、オンレートまたは相互作用あります。 蛍光顕微鏡を使用してこのシグナルをどのようにするか機械 AFM の質問に 「、つなぎままたは接着剤/認識はセルによって理解するために統合され、機能を変更するために決定を取ることはリン酸化かカルシウム報告の染料を使用して (例えば作動されるようにまたはないなります)」アドレス指定することができます。 そのようなアプローチはセル癌の調査と寄生虫/ホストの相互作用に拡張されます。

これは Puech 先生がセルが物理的に 「遊ぶ」世界をどのように理解するか理解するように努めている主に基本的な研究活動ですどのように作用するか - 住んでいる、そしてどのようにこの世界かで: 肯定的な役割 (例えば T 細胞) または否定的な 1 で (癌性セルか寄生虫)。

彼の技術へ AFM を追加する前に、 Puech 先生は Biomembrane 力のプローブ、蛍光顕微鏡、干渉の顕微鏡検査および簡単な microfluidic 装置のようなさまざまな micropipette ベースの技術を使用しました。 JPK および NanoWizard AFM システムを使用述べていることで、 Puech 先生は 「使用するために簡単、強いことを言います。 それは生物的アプリケーションのために設計されています。 それは器械使用の知識無しの生物学学生が月以内のそれを学ぶことができるように特にユーザーフレンドリーです。 AFM は光学のような他の技術に容易につなぐことができます。 私は開架と Linux ベースであるそれのためにソフトウェアを好みます。 それはユーザーフレンドリー力のカーブおよび画像処理ソフトウェアと来、また標準外プロシージャに続くために言語 (Jython) を学ぶこと容易のを使用してシステムをプログラムできます。 最後に、私は JPK のテクニカルサポートのスタッフが非常に有能であると考えます。 私は私私のユーザーの助力に好みます素晴らしく、効率的で急速なアプローチを」。

詳細については生物および nano 科学のための JPK の専門家製品そしてアプリケーションについて、 +49 30533112070 の JPK に、訪問しますウェブサイトを連絡して下さい: www.jpk.com はまたは Facebook の多くを見ます: www.jpk.com/facebook

Last Update: 10. July 2012 10:17

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit