Site Sponsors
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
Posted in | Nanomedicine

There is 1 related live offer.

Save 25% on magneTherm

有効な前立腺癌の処置のための金 Nanoparticles

Published on July 18, 2012 at 3:52 AM

意志 Soutter によって

癌の慣習的な処置方法が有毒な副作用と一緒に伴われることが知られています。 これはボディに注入される化学薬品が単独で腫瘍に制限されないが、でそれにより正常な身体機能に影響を与える健全なティッシュおよび生命の維持に必要不可欠な重要な器官を攻撃します化学療法の特に本当。

ミズーリ大学 (ビデオおよび画像からの Kattesh Katti のための信用: ミズーリの大学)

ミズーリの大学の科学者は金の nanoparticles を含む前立腺癌のための新しい処置を案出し、線量が化学療法で用いられるそれより小さい千倍どこに使用されるか混合物は茶葉で見つけました。

茶の特定の混合物が前立腺の癌性セルに引き付けられたことが Kattesh Katti の教授および MU の研究用原子炉の研究者、分られるキャシーの刃物師と共に芸術そして科学の医科大学院の放射線学そして物理学の大学。 それらは手段として腫瘍のサイトに放射性金の nanoparticles を運ぶのに混合物を使用しました。

現在の処置方法は成長が遅い前立腺癌に対してだけ有効です。 化学療法で注入される放射性粒子のサイズはボディの他の領域にほとんどの場合広がる病気の積極的なバージョンを扱うには余りにも小さいです。

チームは粒子は腫瘍のサイトに残ったことを保障する正しいサイズだった金の nanoparticles を使用しました。 化学療法で必要な何百もの注入に対してチームはちょうど 1-2 の注入を必要としました。

放射性金の nanoparticles の半減期がたった 2.7 日であるので、放射能は 3 週以内に腐ると期待されます。

非常に効果的な nanoparticles は処置の 4 週以内に腫瘍ボリュームをかなり減らすと期待されます。

チームはマウスの実験を行ないました。 試験が人間で行なわれる前に、科学者はイヌ科動物の病気が人間のそれに形式で非常に近いので前立腺癌に苦しんでいる犬の処置を調査します。

ソース: http://www.missouri.edu/

Last Update: 23. July 2012 05:04

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit