Site Sponsors
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
Posted in | Nanofabrication

ピンの頭サイズの構成された粒子に Nanoscale を作成する新しい技術

Published on July 20, 2012 at 4:07 AM

意志 Soutter によって

MIT の電子工学の研究所の偶然の発見は技術の開発の nanoscale から材料の範囲からのピンの頭に変わるサイズの均一球を製造するために原因となりました。 顕微鏡の球形の粒子の作成の従来の方法はより小さい球からの球を育てることを含みます。

球形のしぶきを形作るために Rlaeigh の不安定な状態を経る溶解したファイバー。 (信用: 沿梁/フィンクの実験室)

アプローチは作り出される球のサイズを限定します。 新しい技術は MIT でチームが長年かけて完成する異なった材料からの長く、薄いファイバーの製造方法のシュート消えています。 球を作るためのプロセスは真珠の一連と同じようにしぶきのラインを作り出すためにファイバーの熱することに先行している薄いファイバーの製造から始まります。 プロセスが製造にもたらす制御は薬剤配達、生物医学的な研究、材料加工および電子工学のような多くの地域でアプリケーションを見つけることができる複雑な、模造された球をもたらします。

技術は必要な最終的なファイバーの位取りされたバージョンである内部の円柱半導体のコアと大きいポリマーシリンダーであるプレフォームの作成を含みます。 プレフォームは十分に静かに熱することによってファイバーに引っ張られるには作られます。 内部ポリマー外装はそのまま残ります。 それ以上の暖房で、半導体のコアは溶け、球形のしぶきを形作ります。 現象は水滴にコックからの水の憶病なストリームの破損に類似しています。 新しい技術はまた周囲のファイバーが凝固するとき球がフリーズすると同時に nanoparticle の作成の群生のよくある問題を克服します。 ポリマー外装はしぶきをロックしておき、後で分解します。

研究は中央フロリダ (UCF) の MIT そして大学によって共同で行なわれました。

ソース: http://www.mit.edu

Last Update: 20. July 2012 04:30

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit