南西ナノテクノロジー」配る Itochu のプラスチックアジアのカーボン Nanotube の製品

Published on July 26, 2012 at 4:17 AM

意志 Soutter によって

Itochu のグループ、 Itochu のプラスチックの子会社はアジアを渡る商業作り出された専門の単一壁および複数の壁カーボン nanotubes およびカーボン nanotube の分散、のりおよびインクを供給するために南西ナノテクノロジーを用いる分布の取り引きにインクをしみ込ませました。

デーブアーサーに従って、アジア、南西ナノテクノロジーの経営最高責任者は巨大な市場の潜在能力があり、 Itochu のプラスチックは高度の合成物、エネルギー蓄積、半導体および表示市場の範囲の増加の会社を助ける適したパートナーです。 それはそれがよりよいサービスを商業顧客に提供し、新しいカーボン nanotube ベースの製品のために製品およびアプリケーションの開発で助けることを可能にする会社へ重要な進歩です。

Itochu のプラスチック」 Ryuichi Komatsuzaki、大統領は会社が南西ナノテクノロジーのための分布パートナーになって幸せであることを示しました。 会社はカーボン nanotube の製品ことをの南西ナノテクノロジーの」アジア市場の技術および製品およびそれ優勢のための巨大な潜在性が南西ナノテクノロジー」の増強の役割を担うことができることを期待します。

南西ナノテクノロジーは最近総合されるように半導体の単一壁カーボン nanotube 種で豊富であるベールを取り、印刷された半導体デバイスのために設計されています新しい単一壁カーボン nanotube 製品によって呼出された SG65i の。 会社はまた SMW の一連の専門の複数の壁カーボン nanotubes 即ち、 SMW200 および SMW210 の下で最近 2 つの新しい等級を出しました。 ポリマー混合物陰極パフォーマンスを高めるために電気伝導率を改善するのにとリチウムイオン電池の添加物としてこれら二つの新しい等級が利用することができます。

南西ナノテクノロジーは透過伝導性のコーティングの使用のための新しい単一壁カーボン nanotube の製品を進水させます。 粉として、分散および印刷できるインク提供された、製品はセンサー、照明装置、太陽のアプリケーションの組を伸ばし、電極およびタッチ画面を表示します。 会社はスクリーンに水様インクを含む表示の使用に伝導性および半伝導性カーボン nanotube インクをそして印刷された電子工学、棒または吹き付け塗装およびスロットダイス提供し、 V2V に開発されるグラビア印刷インクは同盟パートナーが案出する技術溝の技術にインクをしみ込ませます。

ソース: http://www.swentnano.com/

Last Update: 26. July 2012 05:44

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit