TSMC は革新のための ASML の顧客の共同投資プログラムに託します

Published on August 7, 2012 at 5:18 AM

意志 Soutter によって

TSMC が石版印刷のフィールドの研究開発のイニシアチブの方の 276,000,000 が 5 年のピリオドに広がった EUR の約束された投資の革新のための ASML の顧客の共同投資プログラムに託したことを ASML の半導体の製造業者のための石版印刷システムのネザーランドベースの提供者は、発表しました。 TSMC はまた EUR で 838,000,000 評価される ASML の 5% の株の持分を定期講読します。

ASML は 2012 年 7 月 9 日次世代の極度な紫外石版印刷の技術および技術 450 の mm のの開発をシリコンの薄片の急がせることの (EUV)目標とのに共同投資プログラムを進水させました。 Intel は共同投資プログラムに託したもう一つの顧客です。 プログラムの下で、 ASML は顧客に 25% まで少数株主持分の分け前を出すことができます。 現在この割り当ての 20% は Intel および TSMC に託されます。 残りの 5% の小規模の出資は他の顧客との進行中の議論のために保留中の割り当てです。 この分け前の発行から上がった現金は他の ASML の株主に総合的な買い戻しによって戻ります。 共同投資プログラムによって ASML の棒を得ている顧客は異常な状態の下のを除く選挙権に資格を与えられません。

ASML の株主の 2012 年次総会の結果によって、 ASML の出された株式資本の 9.99% になる新しい分け前は Intel に割り当てることができます。 株主の承認は共同投資プログラムの下で分け前の総合的な買い戻しそしてそれ以上の発行のために保留中です。 これの結果は 2012 年 9 月 7 日異常な株主総会が催されることになっているに知られています。

ソース: http://www.asml.com

Last Update: 7. August 2012 06:37

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit