Posted in | Nanomaterials | Nanoenergy

保たれる太陽電池パネルは疎水性 Nanoparticle の層によってきれいになります

Published on August 14, 2012 at 6:02 AM

研究者ヒューストン大学はそれをヘルプが効率を維持し、維持および作業費を削減するパネルをきれい保つこともっと簡単にする太陽電池パネルのための nanoparticle のコーティングを開発しました。

物理学教授が NanoEnergy のための UH の協会のディレクターシェーマス 「Shay」 Curran、開発するパテント保留中のコーティングは技術のためのダブリンの協会で正常にテストを経、ノースカロライナの技術系の会社によって行なわれる実地試験を経ます。

Curran はアイルランドの 6 月のテストを言い、シャーロット、 N.C. のリビングストン及び避難所でされる実地試験は市場へコーティングおよび関連技術を移動することで重要な一歩前進を表します。 コーティングのデモンストレーションは金曜日 (リビングストン及び避難所の 8 月 10) 日行なわれました。

自動クリーニング式 Nano 疎水性 (SCNH107TM) 層は UH からの C-Voltaics によって認可されました。 C-Voltaics の以外格子およびオン格子アプリケーションの使用のためのより実用的なクリーンエネルギーの生成に専用されている起動エネルギー会社はコーティングおよび 「嵐セル」ののマーケティングを - また UH の Curran によって発達した一義的なパテント保留中のデザインおよび工学面の運送可能なエネルギー発電機監督します。

太陽電池パネルはきれいな表面が効率的に太陽からのライトを集めるある必要がありますが頻繁に塵、花粉、水および他の粒子によって汚れます。 Curran のコーティングはこれらの汚染物質に対して障壁の保護として機能します。

nano 薄いコーティングは日光を吸収する太陽電池パネルの機能を妨げないで塵、花粉、水および他の粒子を撃退します。 コーティングは全面的な維持を減らす幾年もの間この理想的な疎水性表面を維持できます。

「汚れた太陽電池パネル 30% まで力の機能を減らすことができます」はと Curran は言いました。 「本質的にコーティングはしますパネルを自動クリーニング式に」。

コーティングが太陽電池パネルの使用のために設計されている間、 Curran は信じますまた他の材料のためのさび止めのコーティングとして広まったアプリケーションがあることができることを。

UH は太陽エネルギーの生成および記憶の重要な問題の太陽エネルギーのサービスおよび維持の重要な費用を軽減するのに技術の使用に焦点を合わせる C-Voltaics の株主です。

「これはと」 Curran 言いました大学を実験室からのコミュニティに技術を transitioning、経済的な影響を作ることを見るところです。

Curran は運送可能な構築の彼の作業と共にコーティング住宅および商業使用のための以外格子太陽動力の発電機を発達させました。

Curran の嵐のセルシステムの開発は 2008 年 9 月のハリケーン Ike の間に彼のグループの経験から生じます。 Ike がテキサスの海岸に近づいたと同時に Curran、彼の妻および 3 人の若い息子はおよびうずくまられて貯蔵しました。 それらはそのままで、無力な家と渡された嵐の後で翌朝目覚めました。

「私の妻は私の ` に働いている太陽エネルギーでどの位持ちなさいか言いましたか。 太陽は輝いていますしかし私達は電気を持っていません。 これが起こる時次になぜ私達を携帯用太陽単位のための構築しませんか。」

忠順な夫は彼が尋ねられたようにしました。

太陽動力の嵐のセルはそれは静寂で、放出がない以外ディーゼル発電機と同様に多く使用されるように設計されています。 それは必要として手動で広がり、トレーラーの中で保存することができる引き込み式アームに接続する太陽電池パネルが付いている正方形の記憶のトレーラーから成っています。

Curran および彼のチームが構築する単位はキロワット 2 に5 作り出し、バックアップ電池を満たします。 それは冷暖房システム、ライトおよび TV のための十分な力です。 しかしリビングストン及び避難所は十分に 3,000 平方フィートの家に動力を与えることができる大きい単位を構築しました。 Curran はまた石油およびガスのドリルのサイトおよび農場のような発電機のためのいくつかのコマーシャルの使用があることを言いました。

発電機システムは C-Voltaics によっておよびリビングストン及び避難所設計され、販売されます。

Curran は何年もの間太陽エネルギーの研究にかかわり、また薄膜の太陽電池の効率の改善でずっと太陽エネルギーの保存の点では動作しています。 薄膜の太陽電池は軽量、耐久および使いやすいです。 研究者はケイ素セルと競争であるように貯蔵能力の点では彼らの効率を改善することを試みています。

Curran はまた農産物の電気に使用される太陽装置の次世代に関連している複数の革新を作成しました。 これらの装置はスペースをと、高価の場合もある、ケイ素または金属の合金を使用する現在の装置に対してすべてのプラスチック、です。

Last Update: 14. August 2012 06:18

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit