Site Sponsors
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
Posted in | Nanoelectronics

速い移動イオンは Quantum の未来のコンピュータのための潜在的な候補であることができます

Published on August 16, 2012 at 3:39 AM

意志 Soutter によって

国立標準技術研究所 (NIST) の物理学者はベリリウムイオンの制御された加速を達成し、数マイクロ秒の時間枠の停止にそれらを持って来ることに成功しました。

この実験の特徴は加速の後で完全に停止するイオンにしかしイオンの機能にちょうど停止の後で元のエネルギー状態を取り戻すありません。 物理学者はこれらの動きが速いイオンが未来の量のコンピュータのための潜在的な候補であると考慮します。

実験の間に、イオンは 8 つの µs のイオントラップの 370 mµ をカバーする 100 miles/hr の速度で移動すると見つけられました。 これは可能前にであるずっと何が 100 倍速くのです。 イオンが加速装置の実際に速い移動できるけれどもそのような精密は動きを制御し、電子エネルギー準位に対する効果のない停止はこの調査の結果を保たれるべきそのままなこれらのイオンによって伝えられる情報を必要とする量子計算のために重要にさせます。 量プロセッサ内の量のビットか qubits の形で情報を伝えればのにイオンが使用されるべきならイオンの輸送はイオンの論理操作を行う既存の方法に対して物理的に実行することができます。

イオンを移動する新しい技術が論理操作と持続期間で同等であるので、新しい技術を用いることは促進しますオーバーヘッドを減り、イオンのより速い再使用を処理します。 NIST のチームは制御された速度を達成するためにカスタム電子工学を用いました。 それらは電圧がイオントラップの電極を渡って応用だった持続期間および入力電圧を調整するのに速い FPGA (システム内プログラム可能なゲートアレイ) 装置を使用しました。 これは非常に高エネルギーのレベルにそれらを刺激しないでイオンを加速するのに役立ちました。

ソース: http://www.nist.gov/

Last Update: 16. August 2012 04:30

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit