Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions

プラントヘルプの微細構造の調査は生物風の材料を開発します

Published on August 16, 2012 at 6:01 AM

意志 Soutter によって

プラントが細胞壁、即ちペクチン、リグニン、ヘミセルロースおよびセルロースの 4 つの主ブロックの整理に基づいて機械特性の広い範囲を示すことをいろいろなプラントの微細構造で情報、ローナギブソンコンパイルし、分析することは、マサチューセッツ工科大学の研究者を、検出しました。

にんじん、上およびポテト、底、提示のスキャンの電子顕微鏡写真は比較的セルを薄囲みました。 ポテトのティッシュ内の楕円形の目的は澱粉の微粒です。 (画像: ドン Galler)

ギブソンはプラントの顕微鏡構成の知識が新しい生物風の材料のことを設計で有用であることを示しました。 ギブソンの調査結果は王立協会インターフェイスのジャーナルで書かれていました。 ギブソンに従って、細胞壁のコンポーネントはある特定の合成物質に類似しています。 例えば、リグニン、ヘミセルロース、および人造ポリマーとしてセルロースの展示品の剛さそして強さ。 プラントのセルの整理はまた工学類似があることができます。 例えば、森のセルは工学蜜蜂の巣のように配列され、りんごで現在の polyhedral セルパターンはある特定の産業のよう泡立ちますです。

プラントの自然な機械工を調査するためには、ギブソンは 3 つの主プラント材料、ココヤシの木のような樹木状のやし茎に集中しました; 根菜およびフルーツにある実質のセル; そして森はカシおよびヒマラヤスギを好みます。 彼女は各プラントの 2 つの主機械特性、即ち強さおよび剛さを調査するために彼女の専有物のそして他のチームの実験からのデータを集め、分析しました。 彼女は両方の特性の大きい範囲に気づきました。 最も密なやしは 100,000 のフォールドの高い剛さを表わしたが、ポテトおよびりんごのような野菜そしてフルーツは最少の剛さを示しました。 同様にやしは高力 1,000 のフォールドを示したが、ポテトおよびりんごは最少の強さを示しました。

強さの多種多様はおよび剛さ当然これらの層のセルロースのファイバーの細胞壁の層のカウントを含むプラント微細構造の複雑な組合せ、細胞壁の構成およびアラインメント、および細胞壁によって占められる空きです。 ギブソンはプラント機械工が革新的な材料を設計する研究者のための貴重なリソースであることを信じます。 例えば、科学者はプラントによって完成する制御の程度の細胞複合材料を総合できません。 プラントによって開発される微細構造は条件をすべて満たすことをそこにあります。 ナノテクノロジーの進歩によって、プラント微細構造によって扇動される多目的工学材料を設計することは可能です。

ソース: http://web.mit.edu

Last Update: 16. August 2012 06:33

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit