Site Sponsors
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D

ドロマイトは JST の Microdroplet の技術のための IP の使用許諾契約を発表します

Published on August 23, 2012 at 11:51 AM

Microfluidics の巧妙なドロマイトは今ではそれが JST の microdroplet の世代別技術の下に日本科学技術代理店 (JST) の特許権者であることを発表するために喜びます。 ドロマイトは JST の microdroplet の世代別技術の下で副ライセンスを与えるために承認されます。

ドロマイトは異なった接続点の幾何学、チャネルのサイズおよび表面の特性を特色にするしぶき形成装置の広い範囲を提供します。 しぶきによって基づく microfluidics は区分された化学、単一セルの分析、高いスループットスクリーニング、しぶき PCR および乳剤の調査を含む広い応用範囲にとって理想的、です。

JST の microdroplet の世代別技術のパテントグループ WO2002/068104 および WO2005/089921 の特許権者が R & D の為に、私達の顧客ドロマイトのしぶきチップを購入し、自由に使用するかもしれないように。

IP の一致の一部として JST の microdroplet の世代別技術の下で副ライセンスを与えるために、ドロマイトは承認されます。 私達の網の店の革新的な使用によって、エンドユーザーは副ライセンスを非常に単に得ることができまクレジットカードだけ使用します。 ライセンスはチップ基礎ごとの a で出され、 1 つから百万まであらゆる量で購入されるかもしれません。

ドロマイト CEO アンドリュー Lovatt はコメントしました: 「私達は私達の顧客にこの IP 認可サービスを提供できて非常に嬉しくこの基本的な IP」の違反についての心配から彼らのしぶきの研究に自由に続くことをそれらが可能にします。

Last Update: 23. August 2012 12:21

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit