Site Sponsors
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions

研究者は Nanofibers の健康の影響の量を示します

Published on August 24, 2012 at 7:34 AM

意志 Soutter によって

エディンバラ大学の研究者は製造工業で利用されるこれらの小さいファイバーを使用している人々が直面する健康を損う危険性を減らす道を開く nanofibers の健康の影響の量を示しました。

調査は nanofibers が肺に危ない長さを識別しました。 吸い込まれたとき、これらの小さいファイバーは人間の毛髪より薄い 1000 フォールドである小型による肺キャビティを入力することができます。 これにより中皮腫、 nanofibers に類似しているアスベストスファイバーの吸入によって引き起こされる癌を引き起こすかもしれません。

調査では、研究者エディンバラ大学はミリメートルの下の five-thousandths の長さを持っている短いファイバーが肺セルに影響を与えなかったことを検出しました。 従って一方では、より長いファイバーは肺キャビティを入力し、引っ掛けられて得てもいいので病気を引き起こす肺セルによりに有害です。

それらがアスベストスに形で類似しているのでナノテクノロジーの企業による nanofibers の新型の製造が健康の影響上の心配を上げていることを、ケン Donaldson はエディンバラ大学の呼吸の毒物学の教授示しました。 それは長いファイバーが腫瘍をことを引き起すことのより短いファイバーより可能性としては危ないという知られていた事実でした。 ただし、締切りの長さがそれら有害になる今のところ未知でした。 締切りの長さを識別することは安全なファイバーの生産を将来保障し、よりよくアスベストスおよび他のファイバーの健康の影響を理解して重大です。

調査の間に、研究者は異なった大きさで分類されたファイバーを製造するのに顕微鏡の銀製の鋳造物を使用しました。 彼らはそれから彼らの調査結果を得るためにマウスセルのこれらのファイバーの影響を観察しました。

ソース: http://www.ed.ac.uk/

Last Update: 24. August 2012 08:33

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit