Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D

カーボン Nanotubes を使用してより多くの効率的な染料感光性を与えられた太陽電池を開発する研究者

Published on August 31, 2012 at 5:57 AM

意志 Soutter によって

および Drexel 大学ペンシルバニア大学からの研究者のチームはナノテクノロジーおよび数学模倣を使用してより多くの効率的な、長続きがする低価格の光電セルを開発する方法を探索しています。

Drexel および Penn からのエンジニアは染料感光性を与えられた太陽電池パネルが数学模倣のソフトウェアによってより効率的、理論をテストするようにすることができる 2 つの領域を見ています。

全米科学財団はこの作業のためのチームに 3 年の許可を与えました。 チームは感光性染料が電気に変形する放射を捕獲するか、染料感光性を与えられた太陽電池パネルを調査しています。 チームの目的はそれらが電気に効率的に放射を変形させてもいいように太陽電池パネル内の電子転送プロセスを最適化することです。

染料感光性を与えられた太陽電池パネルの現在の変換効率はおよそ 11-12% です。 チームは今倍が染料感光性を与えられた同等の変換効率あるケイ素のパネルのそれと対等な効率がある染料感光性を与えられた太陽電池パネルを製造することを試みています。 染料感光性を与えられた太陽電池パネルにケイ素の同等上の複数の利点があるが、悪い変換効率は広まった採用へ障害です。

チームは電解物の基板の材料の改良による太陽電池の内部を通る組織的流れに photogenerated か、または放射興奮する電子の風変わりな動きを一直線に並べるように試みました。 研究者は脱出するために電子のための畜舎として作用するカーボン nanotubes に置くことによって photogenerated 電子のこの急速な転移を制御することを試みています。

先生に従って Daeyeon リー、電子に途切れないパスを提供することのほかの研究者の者、カーボン nanotubes は外部回路に太陽電池からの転移の間に photogenerated 電子の損失を避けます。 チームは nanotubes の挿入を用いる太陽電池の全面的な料金のコレクションの効率の増加を予想します。

作業の第 2 一部分は太陽電池内の電極を隔離する液体の電解物の代わりにより多くの効率的なポリマー物質の使用に焦点を合わせました。 調査チームに従って、負荷電種はポリマー物質で液体を密封することは困難であるのでまた漏出問題を引き起こす液体の電解物と比較されたときより効率的に通過できます。 固体ポリマーはまた研究者の説明される電子損失を 1 人防ぐことによって主要な変換損失をケネス Lau 先生減らします。

Lau のチームはまたスポンジそっくりの電極、現在の太陽電池の液体の電解物の利用を実施する問題の中のポリマーを置くために技術を開発しました。 研究者は染料感光性を与えられた太陽電池の操作を高めるデザイン指定を得るためにポリマー構成および nanotube の配置の最も有効な組合せを調べるように先生が Masoud Soroush のチームのメンバー案出した計算の物質的なデザインプログラムを使用します。

ソース: http://www.drexel.edu

Last Update: 31. August 2012 07:17

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit