ヨーロッパ人の Photovoltaics のプロジェクトに薄膜の専門知識を貢献する Beneq

Published on September 2, 2012 at 9:49 PM

Beneq の薄膜のコーティング装置のフィンランドの製造者は、 R2R-CIGS の第 7 フレームワークプログラム (FP7) によって EC 委員会が融資する高プロファイルの photovoltaics のプロジェクトを結合しました。

意欲的なプロジェクトの主要目的はスケールの適用範囲が広い太陽モジュールの生産所要を満たす革新的な実験室プロセスです。 つまり、これらのプロセスは信頼性、高いスループットおよび低価格を保障している間ロールにロール生産に適応する必要があります。

Beneq CEO の Sampo Aho-nen 氏を言います: 「Beneq は最終製品の生産そして品質の経済に関連して両方連続的な生産技術の大きい潜在性を、見ます。 こういうわけで私達は私達が」アドレス指定する企業のサービスに私達の薄膜のコーティングの技術を、エーロゾルの両方コーティング (ALD)および原子層の沈殿、持って来ることの努力長時間下に置いて。

Beneq は空間的な ALD のための最初の商業研究のプラットホーム、 TFS 200R を、進水させる、 ALD ロールにロール技術の指導的な権威、広く適用範囲が広い基板のための 2009 年そして最初の本当ロールにロールシステムに 2011 年 6 月の WCS 500、です。 WCS 500 は生産のスケールおよびパイロットの製造業のために特に設計されています。

2012 年 4 月に始まり、 2015 年に続く R2R-CIGS は適用範囲が広い太陽電池パネルの生産のための試験ラインを確立するように意図します。 すべてでは、プロジェクトは太陽 photovoltaics のより広いアプリケーションそしてより低いコストを可能にすることの優先する重要性をもつことを行っています。 プロジェクトの借款団は、 Beneq に加えて、 EMPA、 Flisom、 ZSW、 Isovoltaic、 SoLayTec、 Mondragon アセンブリ、 Manz の CIGS の技術および CPI を含み、 TNO によって調整されます。 融資は欧州共同体の接合箇所エネルギー NMP 2011 プログラムから保護されました。

Last Update: 2. September 2012 22:33

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit