Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D

ナノテクノロジーの国際会議 (TNT2012) の傾向はマドリードで今日始まります

Published on September 10, 2012 at 9:01 AM

Centro de Investigacionn Cooperativa CIC の nanoGUNE および Donostia の国際的な物理学の中心は (DIPC) Fundación の幻影のような nanosciences のフィールドの他の関連したエンティティと共に今日からマドリードの Escuela Tecnicaa Superior de Ingenieros Industriales の 9 月の第 14 への開かれるナノテクノロジーの国際会議の TNT2012 傾向を、組織しています。

第 13 版を祝う会議は nanoscience およびナノテクノロジーの最新の研究の提示の十分な範囲を提供し、エンティティの存在で欧州連合のような公序の設計を管理して数えます。

33 の提示は他の中の日本、ドイツ、オーストリア、フランス、ベルギーおよびアルゼンチンからのナノテクノロジーの専門家が与えた会議の間に与えられます。 ダニエル Sánchez のポータル、 Centro de Fisicaa de Materiales (CFM) の研究者は、会議の 1 つを与えます。

TNT2012 は目的を共有し、ナノテクノロジーの世界の最近発見したもののための商業化の道を見つける産業の、学術および政府の世界のエンティティのための妥協点です。

José María Pitarke、ディレクター、および、 CIC の nanoGUNE のペドロミゲル Echenique は DIPC の大統領 TNT2012 組織委員会の部分です。 アンドレアス Berger および研究責任者そして CIC の nanoGUNE の理論のグループのディレクター、エミリオ Artacho は、それぞれ、イベントの国際的な科学的な委員会の部分です。

ソース: nanoBasque

Last Update: 10. September 2012 10:08

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit