Site Sponsors
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD

NTNU の科学者のパテントは Graphene で育つ GaAs Nanowires を商業化し、

Published on September 11, 2012 at 3:59 AM

意志 Soutter によって

(NTNU) 研究者ノルウェーの理工系の大学は競争の特性を示すハイブリッド材料である graphene で育つ GaAs の nanowires の特許を取りました。

基板 (実例の Nanowires: CrayoNano)

研究者は彼らの会社、 CrayoNano を通したハイブリッド材料の商業化に今かかわります。 graphene で育つ半導体はいろいろな装置システムのための礎石として役立ち、半導体工業を変形させる潜在性を保持します。 研究者は Nano 文字ジャーナルの彼らの作業を支える技術を記述しました。

新しい特許を取られたハイブリッド材料がエキゾチックな光電子工学の特性を示すこと Helge Weman、知らせられる研究者の者教授。 研究者は新しい電極に柔軟性、過透性および低価格の利点を統合できました。 特許を取られた方法は graphene 上の半導体の nanowires を (MBE)育てるのに分子線エピタキシ法を利用します。 これは半導体デバイスの新しい製造の技術のためのテンプレートです。 未来のアプリケーションを考慮している間 LEDs および太陽電池はラインの最初の製品であると期待されます。

Samsung および IBM のような会社は携帯電話のための適用範囲が広いタッチ画面のような電子工学アプリケーションのケイ素の代理を追求すると同時に graphene の開発に拍車をかけています。 NTNU の発明は既存の生産の機械装置と完全に互換性がありま、無数デザインオプションがあってもいい新しいレベルに家電をアップグレードすることをそれらが可能にします。 それ故に、この発明は光電子工学および電子工学装置のための未来のプラットホームとして役立つ約束を示します。

高い商品価値の 1 つの潜在的な装置はまた適用範囲が広く、安価効率的の nanowire の太陽電池です。 従って発明は graphene および半導体の nanowires で組み立てられる未来の自己動力の nanomachines および洗練された 3D IC の開発に有用かもしれより小さい足跡の高性能の電子工学を可能にします。

Weman は衣服からの携帯電話、メモ帳、タブレットおよび練習のアクセサリに何でもに含まれます適用範囲が広い自己動力の家電の開発を予想します。

ソース: http://www.ntnu.edu

Last Update: 11. September 2012 04:30

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit