Posted in | Nanoanalysis

Nanoscale の平らな、曲げられた表面の分子の動作

Published on September 21, 2012 at 4:01 AM

G.P. 著トマス

ペンシルバニア州立大学からの研究者と共の、ロスアンジェルス (UCLA) およびワシントン大学カリフォルニア大学の研究者は分子が nanoscale で湾曲を感じることができ、曲げられた表面および平面の反作用でそれ故に異なることが分りました。

研究者は基板の形態によって分析するために表面の光反応を出た自己アセンブリおよび配位子の設定の影響を用いました。 チームは分子がより広い範囲の曲げられた表面の気力 à 気力の平面のオリエンテーションを表わし、それ故に前のより遅い反作用を経ることが分りました。

分子を、ラインでそれぞれ導入するための、ペアのそして平面のクラスタの研究者が開発する多数のアプローチがあります。 ただし、これらのアプローチの確認は nanorods、 nanostructures および多孔性材料の典型的な曲げられ、彫面を切り出された表面に関してずっとありません。 解決の分子は表面の分子と解決の配置はそれらが表面の堅く、隣接した配置に対して自由に回ることを可能にすると同時に別様に反応するために知られています。

現在の調査は異なったタイプの表面の同一の反応体のペアの導入を可能にする革新的な技術によって平らな、曲げられた表面の分子のペアの配置を含みました。 調査の結果は曲げられた表面の分子がすばらしい程度のオリエンテーションを所有していることでした。 自由のこのレベルは解決で許可されるそれよりより少しであるけれども確定的に分子が堅く保持される平面で許可されるそれよりよいです。

調査の結果に異なった分子が nanoparticles に置かれる多機能の nanoparticles を用いるシステムのための重大さがあります。

ソース: http://www.universityofcalifornia.edu/

Last Update: 12. December 2013 23:14

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit