Site Sponsors
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions

Beneq はアジア OLED の製造業者に原子層の沈殿システムを供給します

Published on September 21, 2012 at 8:44 AM

Beneq の薄膜のコーティング装置の全体的な製造者は OLED の製品を開発している一流のアジア顧客に、 (ALD)大き領域のバッチ原子層の沈殿塗装システムを提供します。

システムは良質 ALD のフィルムが製品性能のために必要である適用範囲が広い OLED の製品の開発のために使用されます。 Beneq のバッチ ALD システムは優秀な薄膜の品質、高スループットおよび大き領域のプロセスケイパビリティの一義的な組合せを提供しま、薄膜プロセスの要求のスケールを可能にします。

Beneq CEO Sampo Ahonen はコメントしましたこの企業を機能し、それと育つことを、 「この配達は私達の技術が有機性および適用範囲が広い電子産業のために持っている潜在性と私達の責任の更に別の例です。 この配達は私達の技術のスケーラビリティそして統合を示すことの主力産業と働くことである私達の企業戦略のコアに完全に合います。 私達はロールにロール ALD の私達のバッチモード ALD の技術、また開発が、競争の寿命の OLED の製品のコスト効率が高い製造業を」。可能にする技術の躍進を先導していることを信じます

Beneq は学究的な世界および研究へ 30 年間以上の ALD 可能にされた製品の産業製造業の実地体験へのアクセス、また百以上の配達のバッチモード ALD システムの指導的な権威、です。  バッチモード ALD に加えて、 Beneq は広く適用範囲が広い基板のための最初の商業用ロールにロール ALD システム、 2011 年 6 月の WCS 500 の開発を、始めました。 WCS 500 は適用範囲が広い湿気の障壁のフィルムの R & D そして試験製造業のために特に設計されています。 Beneq はまた R2R-CIGS のメンバー、 EC 委員会プログラム (FP7) によって融資される高プロファイルの photovoltaics のプロジェクトです適用範囲が広い太陽モジュールの生産所要を満たすためにスケールの実験室プロセスを向け。

Last Update: 21. September 2012 09:56

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit