Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
Posted in | MEMS - NEMS | Nanosensors

In-situ 口径測定の機能の MEMS の慣性センサーを発達させるノースロップグラマン

Published on September 25, 2012 at 7:53 AM

意志 Soutter によって

、アーヴァインカリフォルニア大学はノースロップグラマンに慣性センサーの長期口径測定問題に焦点を合わせるために、下請けを与えました。

慣性センサーは安定、指すおよび運行アプリケーションの広い範囲で加速および回転レートの測定を取るために使用されます。 現在、マイクロエレクトロ機械システム (MEMS)慣性装置はスケール要因ドリフトおよびバイアスおよび結局測定の誤りを引き起こすことに終って長期不安定な状態に敏感、です。

位置のための (DARPA)マイクロ技術の実行中の層 (パスカル) の努力の米国国防総省高等研究計画局の一次および二次口径測定の下で、運行およびタイミングの (マイクロPNT) プログラムの、アーヴァインカリフォルニア大学は慣性の感知のコンポーネントと in-situ 口径測定の機能と同じ場所に配置された統合された、超小型化されたミクロシステムの開発のためのノースロップグラマンと、 (加速度計およびジャイロスコープ) 団結します。

従って慣性の器械の In-situ 口径測定は生産者によってフィールドからの recalibration、またプラットホームに再挿入のためのコンポーネントを再呼び出しするために必要を避けまシステム・ライフ・サイクルのコストを削減します。 従って装置の利用の前に老化の効果を相殺するさらに、小型か完全な口径測定を行うことは可能前にプラットホームの進水で、よりよい柔軟性およびチャンスを提供します。

パスカルの努力はミクロシステムおよびコンポーネント領域の先行技術を促進する高等研究企画庁のミクロシステムの技術のオフィスによって管理されます。 パスカルの努力はチップスケール、はめ込み式慣性航法および精密指導のための技術の開発に焦点を合わせるマイクロPNT プログラムの要素です。

チャールズ Volk、ノースロップグラマンの副大統領および責任者の技術の将校はこのミクロシステムの開発が絶え間なく休止状態のピリオドにそれに続く口径測定のための必要を除去する MEMS の慣性センサーに目盛りを付ける機能の重要な努力であることを示しました。

ソース: http://www.northropgrumman.com

Last Update: 25. September 2012 08:58

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit