Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D

ナノメーターの正確さの蛋白質をアセンブルする新しい技術

Published on September 29, 2012 at 4:00 AM

意志 Soutter によって

LMU の物理学者教授によって Hermann Gaub 先頭に立たれる調査チームは原子力の顕微鏡の極度の鋭い先端が nano スケールの正確さの指定サイトの (AFM)単一の生体物質の積み込みそして沈殿を可能にするか単一分子 Cut 及びのり (呼出される技術を SMC&P) と開発しました。

最初に、技術は DNA の分子にだけ適用されました。 それにもかかわらず、蛋白質アセンブリはナノテクノロジーの主目的の 1 つであり、実用的な方法ヘルプだけ見つけて生きているセルのメカニズムを理解して下さいしかしまたデザイナー nanomachines を構築し、使用するためにドアを開きます。

このため、 LMU のチームはストレージロケーションからの蛋白質を取り、構築領域の nano スケールの正確さの指定サイトで沈殿させるために方法を精製しました。 それらができるように AFM の先端への生体物質の接続機構が十分にしっかりしなければしっかり構築領域で沈殿するにはならないことは必要です。 ただし、旅行の間に蛋白質を結び、アセンブリが厳しく規制され、強くなければならない力損傷を避けるため。 これら二つの目的を達成するためには、チームは DNA のアンカーの組合せを利用しま、 ` 亜鉛指の」蛋白質および抗体 DNA 結合します。

この方法は異なった酵素の組合せの相互作用および近似の好まれた範囲のような複雑な蛋白質機械の機能品質の直接テストがつながれた反作用を遂行することを可能にします。 もう一つの目的は自然な ` の cellulosomes で模倣される総合的な multimolecular アセンブリを設計することです」 biofules にプラント生物量の変換で利用することができます。

支持できるエネルギー源を開発する道を開く蛋白質アセンブリを通してこれらの 「酵素の組立て流れ作業場」のコピーを開発することは可能であることマチアス Strackharn、知らせられる研究者の者。

ソース: http://www.uni-muenchen.de

Last Update: 29. September 2012 04:41

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit