Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D

B.E.S.S. リチウムイオン電池のための Nanostructure の技術を商業化するため

Published on October 3, 2012 at 9:13 AM

調節器のアンドリュー Cuomo NY-SUN イニシアチブおよびエネルギー超高速道路の建物は綿密に計画しま、アルバニーの大学の Nanoscale 科学そして工学 (CNSE) の大学は今日発表しま最初学生のスピン・オフ会社、 B.E.S.S. が革新的な電池のストレージ技術のスケールを商業化し、始めるようにする B.E.S.S. の技術 (B.E.S.S.) との使用許諾契約に、入ったことをニューヨークの内地産のハイテクな成長を upstate 可能にします。

「更に革新主導の経済開発モデルのサポートの調節器アンドリュー Cuomo の視野そしてリーダーシップへの遺言として、 B.E.S.S. の技術のこの使用許諾契約は UAlbany NanoCollege で開始を得た出現の緑エネルギー会社に商業化にクリティカルパスを」、言いましたクリーンエネルギープログラム先生のための Pradeep Haldar CNSE の教授そして副大統領を提供します。 全体的に競争のナノテクノロジー工業の新興企業の生れそして拡張を可能にする 「CNSE 第 1 の学生主導の会社とのこの一致示します CNSE の国際的レベルの教育の有効な組合せを、トレーニングおよび技術的資源および機能」。は

「B.E.S.S. 技術商業化し、私達の一義的な技術を販売するために持って来る道を開く UAlbany NanoCollege の使用許諾契約に入るために」は言いました B.E.S.S. の技術 CEO フェルナンド Gómez-Baquero を喜びます。 「CNSE の知的な、技術的資源と共に学生として国際的レベルの教育訓練へのアクセスを、 B.E.S.S.a に途方もない利点を与え持っていることは、私達は私達の技術を正しく進め、ニューヨーク州の私達の会社を育てることを楽しみにしていますここに」。

電池のエネルギー蓄積システムを意味する B.E.S.S. は 2010 年に CNSE の大学院生のグループが開始する構成デザインおよび技術系の会社です。 CNSE のアルバニー NanoTech の複合体で働いて、 B.E.S.S. はリチウムイオン電池のためのかなり高められたエネルギー蓄積容量、より速い充満レートおよびより長い寿命を提供する nanostructures を構築するために革新的なプロセスを開発しました。

この使用許諾契約に加えて、 B.E.S.S. はそれ以上の安定性を提供する CNSE で会社が育つように国際的レベルのクリーンルーム、実験室および用具へのアクセスを続けてしまいます。 それはまたより大きい動作の明快さを B.E.S.S. が投資家および投資家からの追加資金調達を引き付けること可能にしま、可能性を高めます。

CNSE はニューヨーク州エネルギー研究開発の権限 (NYSERDA) および全米科学財団のパートナーシップによって提供される革新プログラムのための技術プログラムによって既に取得の B.E.S.S. を資金調達の (NSF)以上 $800,000 助けてしまいました。

B.E.S.S. 協力及びてこ入れエネルギーおよびナノテクノロジーのための CNSE の定温器を、または技術的な孵化の援助を、投資を含んで、可能なおよび保険の接触、指導および他の起動ビジネスサポート提供する iCLEAN の定温器は使用しているあります、 15 人の会社の 1 つ。 BESS はまた 2010 年に CNSE で開かれた就任のニューヨークの経営計画の競争の最初場所を捕獲しま現金の $19,000 および次世代電池のストレージ技術のための現物支給のサービスを得ます。

ソース: http://www.cnse.albany.edu/

Last Update: 11. October 2012 10:35

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit