Posted in | Nanoelectronics

NAI は情報処理機能をもった入力/出力の通信連絡のための Nano インターフェイス単位を進水させます

Published on October 5, 2012 at 3:49 AM

Nano インターフェイス単位 (NIU1) (写真: ビジネスワイヤー)

北大西洋の企業は (NAI)、コンパクト統合される、企業第 1 既存のプラットホームのイーサネットに接続するネットワークでデータをあらゆるシステムに使用できるようにする前例のない入力/出力の機能の nano サイズのサブシステムのアベイラビリティを発表します。

Nano インターフェイス単位は (NIU1)軍隊および大気および宇宙空間によって埋め込まれるアプリケーションの使用のための高いシャーシおよびバックプレーンのデザイン変更なしで代表団のコンピュータに容易にセンサーをデータ収集の、分布および通信用インタフェース、追加します。

「NIU1 システム・エンジニアがそれを」。は必要とする情報処理機能をもった入力/出力をおよび通信連絡を提供します
。、一義的なモジュラーアーキテクチャは実証済み、レバレッジ NAI'S NIU1 異なった情報処理機能をもった入力/出力、動きのシミュレーション/測定および通信連絡機能の幅広い選択をのようなサポートします: A/D、 D/A、 TTL、 RTD; 離散入力/出力; 差動トランシーバ、同調/Resolver/LVDT/RVDT の測定、シミュレーションおよび刺激; ひずみゲージ; エンコーダ; デュアル・チャネル二重冗長な BC/RT/MT MIL-STD-1553; 高速同期信号/Async RS232/422/423/485; ARINC 429/575 および CANBus。 このアプローチは既存か新規アプリケーションに専用入力/出力インターフェイス機能に簡単な統合の努力を提供します、特定のインターフェイスの条件を提供し、完全な入力/出力機能サブシステムを目標とします。 さらに、パワーにイーサネットは (PoE)力 28 Vdc がすぐに利用できないどこにか統合することを容易にする NIU1 で標準です。

重要なアプリケーション利点は下記のものを含んでいます:

  • 独立した (調査分析された) 入力/出力の機能性は特定のデータ収集/制御域に目標としました
  • 存在にインターフェイスする追加機能、技術の挿入およびセンサーはアプリケーションの守備につきました
  • 現在の実証済みの、配置された技術に基づく最小の統合の危険
  • 1.5"だけ H X 1.6" D X 6.5" L @ 16 の oz。 (3 つの取付けオプションとの 454 g)。

「私達の情報処理機能をもった入力/出力の製品および NIU1 の私達の顧客需要の革新即時の単一機能入力/出力を持って来、小さく、多目的で険しいサブシステムの通信連絡の機能は」、は Lino Massafra、販売/マーケティングの VP を説明します。 「NIU1 システム・エンジニアがそれを」。は必要とする情報処理機能をもった入力/出力をおよび通信連絡を提供します

量 100 の $2,568 で 4 つの高速同期信号/Async RS232/422/423/485 のシリアルポート、 28Vdc 入力、パワーにイーサネットおよび二重ギガビットのイーサネットポートの開始とそれぞれ設定される NIU1-P8 の価格設定。 10 週、 ARO の配達開始。

ソース: http://www.naii.com/

Last Update: 5. October 2012 08:56

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit