Site Sponsors
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
Posted in | Nanomagnetics | Nanoanalysis

領域壁はフェムト秒の時間目盛の幾何学を変更できます

Published on October 8, 2012 at 6:07 AM

卓越性のマインツの大学院の仲間を含む国際的な調査チームのための成功を研究して下さい

研究者の国際的なチームは自由電子レーザーのフラッシュで超高速のタイムスケールの空間的にさまざまな磁化の処理の強磁性材料で原因となる意外な効果を見つけました。 この効果は磁気データ記憶装置のそれ以上の小型化そしてパフォーマンス増加へキーであることができます。 マインツから、ヨハネス Gutenberg 大学マインツおよび特に Felix Büttner の卓越性 「マインツの物質科学」の大学院のメンバーの物理学の協会からの教授先生のマチアス Klauii グループは、複雑でした。 結果は性質の通信連絡の最新号で出版されました。

磁化が短い光の点滅によって処理することができる今のところ空間的解決する磁化の変更が慣習的な光学技術の限られた空間分解能が断固としたな原因であることができなかったことが知られています。 強磁性材料のほとんどが異なった磁化の方向を用いる多重領域、これらの領域のそして領域間のインターフェイスの磁化のローカル変更から成っているので、すなわちいわゆる領域壁に、特別な関心です。 ハンブルクの DESY の研究所のフラッシュ自由電子レーザーで、最近論理上予測されたメカニズムに一致してある結果は得られました: レーザーが原因で脈打ちましたり、非常に材料を通ってすぐに移動する電子を生成されます刺激しました。 それらは別の磁化の方向を用いる近隣の領域に 1 つの領域からこうして移ります。 電子が磁化の一部分を運ぶので、領域壁を渡って移動すると同時に領域の磁化を処理します。 これは領域壁が fs の時間目盛の幾何学を変更できることを意味します。

領域壁がそのような装置のパフォーマンスの改善へでもメモリデバイス、競技場のメモリのような、これらの調査第一歩であることができる使用されるように。 競技場のメモリは IBM によって開発行い、慣習的なランダムアクセス・メモリかハード・ドライブへ将来速く、低い電力の代わりであることができます。

実験は TU ベルリンのハンブルクおよびパリの大学からの同僚が付いているヨハネス Gutenberg 大学マインツ (JGU) からの研究者によって遂行され、自由電子レーザーの 6 人のそれ以上の研究所はハンブルクの DESY で点滅します。 調査されるサンプルは迷路タイプのドメイン構造を形作るコバルトプラチナ多層システムから成っています。

ソース: http://www.uni-mainz.de

Last Update: 8. October 2012 08:26

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit