Site Sponsors
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
Posted in | Nanoanalysis | Nanobusiness

There is 1 related live offer.

Save 25% on magneTherm

中性子科学のための中心は中性子分散の研究のための NIST からグラントを受け取ります

Published on October 10, 2012 at 5:23 AM

国立標準技術研究所 (NIST) は中性子科学のための中心デラウェア大学に継続的中性子分散の研究のための $7,000,000 を与えました。

UD のノルマン人 Wagner は $7 百万国立標準技術研究所の許可を受け取った中性子分散の研究計画の主任調査官です。

中性子分散は類似した nanoscale の測定技術 X 線撮影をするためにであり、分子、 nano および meso スケールで材料の構造を検査するのに光散乱がそれ使用されています。 技術は人間の健康を改善するためのエネルギー蓄積から生体材料まで及ぶ壮大挑戦問題のための新しい nanomaterials の設計に有用です。

プロジェクトは UD 間の共同の努力であり、 nanoscale 材料を調査するために新しい方法を 2 つのエンティティ間の 5 年関係に開発する中性子研究 (NCNR) のための NIST の各国用の中心はこと造り働きます。

「UD 共同の研究の広範な実績、 NCNR の出版物および接合箇所の教授は中性子分散方法を使用して首位のグループとして nanoscale 材料を調査するために私達の先導的な役割を例証します」のプロジェクトの中性子科学のための UD の中心の化学工学そしてディレクターのノルマン人 J. Wagner、 Alvin B. およびジュリア O. Stiles 教授、および主任調査官を言いました。

共同主な調査官は化学および biomolecular 工学の Raul のシンリンオオカミ、教授および触媒作用の科学技術のための中心のディレクターです; 教授 Darrin Pochan、物質科学および工学の UD; トマス H. Epps、 III、トマスおよび化学および Biomolecular 工学の Kipp Gutshall の助教授; そして助教授クリストファーロバーツ、化学および biomolecular 工学の。

UD の研究者は実験結果を分析する高度の理論的な方法と共に応用フィールドの下で検査材料のための新しく、新しいサンプル環境を、開発します。 研究は凝縮させた問題の物理学に、コロイドおよびポリマー科学および蛋白質および nanoparticles 焦点を合わせます。

特に UD で、 Pochan のグループは制御された薬剤リリースのための生体材料を調査します。 Epps の研究グループはロバーツの研究グループは蛋白質および biopharmaceuticals と関連していた蛋白質の集合の安定性を探索するが、膜、光電子工学および自動クリーニング式コーティングのためのブロック共重合体の薄膜を調査します。 さらに、シンリンオオカミの研究グループはカーボン隔離のための nanostructured 材料を探索し、エネルギーのアプリケーションの水素の記憶、および Wagner のグループは流れの下で nanomaterials の理性的なデザインを援助するために複雑な液体を探索するための新しい器械使用を開発します。

NCNR と協力して働いて、 UD のコンピューター工学のスタッフは既に NCNR のデータ収集ソフトウェアへの重要な貢献を作り、 5 年の更新の下で次世代のソフトウェアを開発しこの作業を続けます。 選り抜き UD 学生、ポストドクターおよび能力はプロジェクトの間に NCNR で現地で働き、 NCNR 機能を使用している米国の研究者に教育およびサポートを提供します。

ソース: http://www.udel.edu

Last Update: 10. October 2012 06:24

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit